ポチット押してくれてありがとう。これからもより良いブログ、頑張ります。にほんブログ村 介護ブログへ

2008年08月10日

もしも…、に備えて在宅介護を考えた方がいいの?

もしも…、に備えて自宅(在宅)介護を考えた方がいいの?

自宅介護の考え方、介護をどのようにすべきか?

いつの時に考えたほうがよいのか?そんな疑問にお答えします。

お年寄りのほとんどは、特別な病気がなくても年と共に

体が不自由になってきます。

しかし、脳梗塞のような突然の病気やケガによる入院が

きっかけで、介護が必要になる場合が多いのも事実です。

退院=回復とは限らない場合が多いため、あらかじめ

自宅介護についての知識を増やし、どんな対策をとればよいのか

準備をしておくことが大切です。。

つまり、お年寄りの入院期間は介護対策の期間と考えると、

心の準備もでき、余裕のある対処ができることでしょう。

まだ、元気な時にいろんな事例を読んだり、

介護施設の見学など、準備されておく方がいざとなったとき

心の準備もあわせ、パニックにならないとおもいます。

転ばぬ先の杖!!

これが大切ですね。
posted by ぶんねん at 15:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。