ポチット押してくれてありがとう。これからもより良いブログ、頑張ります。にほんブログ村 介護ブログへ

2008年09月01日

介護おむつの上手な取り替え方法

介護においてさけて通れ無いのがおむつ交換です。

これも、コツがあるのでしっかり覚えましょう。

では、行きますよ。

@陰部等を洗うときに石鹸は使わない方が良い。

 毎日のことなので石鹸カスが少しでも残っていると
 陰部がかぶれます。

下のような陰部を清潔に保つおしり拭きがあります。
このような商品を時々使う事でぬるま湯だけのふき取り
よりは清潔に保たれるのでは無いでしょうか?



A洗剤の空き容器などにお湯を入れて洗うとき、お湯ではなく
緑茶を入れると良いです。

殺菌作用もあり、臭い等も軽減されます。

洗剤の空き容器とは下の様な容器のことです。


容器の先から陰部を流して洗える様な形をした容器のことです。

あまり固いとお湯が出にくいので注意が必要です。

Bおむつ交換の時、台所洗剤の空き容器にぬるま湯を入れて
 部分をきれいに洗い流します。

 オムツなので水はもれることはありません。

 きれいにしてから新しいオムツに交換します。

その時気を付けることは・・・!!

 前から後ろに向かって拭く(その逆は駄目ですよ。排 便などの付いた布も面を変えて
 陰部に付かないように。尿路感染の 原因になる事があります。)

こんなモノを付けても便利です。 
 ペットボトルにじょうろの先(100円ショップで購入できます。)
 を付けて、石鹸など使用しないで 排便などをきれいに流す。

 その時、使用していた汚れたオムツをそのまま使います

尿や便の上に要らない布を乗せて その上からぬるま湯で洗い流す。

お年寄りの事を一番に考えながら、声かけをしながらおむつ換えを

して上げてください。

何回もやるうちにコツがつかめて要領も良くなります。

頑張ってくださいね。
ラベル:おむつ
posted by ぶんねん at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 清潔編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。