ポチット押してくれてありがとう。これからもより良いブログ、頑張ります。にほんブログ村 介護ブログへ

2008年09月13日

認知症かな?と思ったらどうする?

今回は身内の方がなんか忘れっぽい?

同じ事を何回も言っている?痴呆?アルツハイマー?

そんな事を経験されたあなたは心配ではありませんか?

一緒に勉強しましょう。


009.

痴呆症の始まりはもの忘れで気づかれることが多い

家族が高齢者の痴呆症に気づくのは、やはり、もの忘れによること

が多いようです。

単なる老化現象なのか、痴呆症によるもの忘れなのかは、

初めのうちはなかなか判断できません。

忘れたことを指摘されても、思い出せないとか、新しいことを

全然覚えられない場合は要注意です。

このほか、日常の家事がスムーズにできなくなる、判断力が鈍る、

自信なさそうで引っ込み思案になる、逆に疑り深く攻撃的になった、

怒りっぽくなった、といった性格の変化などで気づくこと

もあります。

 

010.

単なるもの忘れと、痴呆症によるもの忘れでは、質が違う

歳をとるに従って新しいことが覚えられない、人の名前が

思い出せないといったもの忘れが起こるのは当たり前のことです。

それでは、単なるもの忘れと痴呆症のもの忘れとはどこが

どのように違うのでしょうか。

正常なお年寄りでも歳をとると新しいことを覚えられない、

覚えていることを思い出せないという症状が起こってきます。

しかし、正常なもの忘れの場合、後から指摘されると、

たいていの場合「ああ、そうだった」と思い出せます。

これに対して、痴呆症の場合は、忘れたということを忘れてしまい、

もの忘れの自覚が薄かったり、後から指摘されても思い出せない

ことが多くなります。

進行すると、覚えていたことを、近いところから少しずつ忘れ、

最終的には自分の名前や誕生日さえも忘れてしまうこともあります。

 

011.

痴呆症が心配になったら、まず、正確な診断が大事

痴呆症の初期においてその診断を下すことは、専門医にとっても

なかなか難しいことです。

しかし、悩むより信用できる医療機関を探して相談しましょう。

早期に診断するためには、経験のある専門医だけでなく、

CTやMRIのような画像診断のできる設備や、心理検査のできる

スタッフなどが必要です。

身体的な病気が原因で痴呆のようにみえることもありますから、

身体的な病気のスクリーニングも同時にできる病院であると

申し分ありません。

 

012.

正確な診断をしてくれる専門医は、口コミで探す

痴呆症を扱うのは、精神科、神経内科、老人科などですが、

これらの診療科に行けばどこの病院でも痴呆症の専門医が

いるというわけではありません。

痴呆症を診察してくれる信頼できる医者を捜すには、

「呆け老人をかかえる家族の会」の電話相談などを通じて、

経験者から教えてもらう、かかりつけの家庭医、保健所、

福祉事務所の高齢福祉課で聞いてみるなど、地域の生の声を

聞いてみることが大切です。

本を何冊も書いているとか、テレビによく出る医者が必ずしも

よい医者とは限りません。

 

013.

本人が嫌がるときは、家族が医療機関に相談に行く

何らかの事情で、ご本人を医療機関に連れていけない場合は、

ご家族だけでも相談に行きましょう。

福祉事務所、在宅介護支援センターなどにも相談窓口はありますが、

痴呆症だということがはっきりしていない段階の相談ならば、

老人性痴呆疾患センターなどの老年期の精神医学に詳しい

医師がいる病院を訪ねたほうがよいと思います。

精神保健福祉センターや保健所で定期的に精神科医が相談に

応じている所もあります。

何か変だな?と感じたときは早めに相談に行くことを

おすすめします。薬で症状を抑える事もできますから。

早めの手当が必要ですよ。


ラベル:認知症
posted by ぶんねん at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。