ポチット押してくれてありがとう。これからもより良いブログ、頑張ります。にほんブログ村 介護ブログへ

2008年09月27日

認知症と診断されたとき

今回で認知症と診断されたときどのように対応すれば良いのか?

の最終回です。

030.

介護者の健康が、痴呆性高齢者の健康

ストレスに耐えきれなくなったとき、そのストレスの元に

立ち向かって問題を解決するという方法は、成功すれば

よいのですが、うまく解決できなかったときは、ますます

ストレスを増大させてしまう結果となります。

そのようなときは、ストレス源から自分の気を逸らしたり、

それに負けないように心身のコンディションを整えるほうが

得策です。

痴呆症の症状や、痴呆性高齢者の行動を何とかしようとしても

疲れるだけです。

まず、コントロールが可能な自分の健康を少しでも増進するように

気を配ってください。

認知症の介護はストレスつき物です。

まずは、自分のストレスを取り除く事から考えてください。

介護から離れるのはもちろんの事、自分の趣味や旅行も

良いかもしれません。

そのために、一時的に介護をしてもらえる施設があるのです。

上手にそのような施設を使い、ストレスが溜まらないよう

自分の体を大切に介護に頑張ってください。
ラベル:認知症
posted by ぶんねん at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。