ポチット押してくれてありがとう。これからもより良いブログ、頑張ります。にほんブログ村 介護ブログへ

2008年11月18日

老人保健施設の利用

前回は有料老人ホームの利用でしたね、今回は

老人保健施設の利用についてお話します。

081.
老人保険施設は、病院か施設か

老人保健施設というのは、病院での治療が終了したお年寄りが、

家庭生活に戻るための準備をする施設と位置づけられています。

しかし、実際には、ミドルステイや長期入院、入所待ちのための

施設としての役割が大きくなっています。

老健施設は、病院と同様に、直接窓口に行って、入所を申し込めば

入所できます。

すべての老健施設が痴呆症の介護を受け入れてくれるわけではなく、

それぞれ特徴をもっているので、事前に評判を聞いたり、

福祉事務所や保健所で情報を得ておく必要があります。


 

082.

老人保険施設は、長期入所をする所ではない

老健施設は、その機能の特性から、特別養護老人ホームなどとは

異なり、入所期間が決まっており、原則として3か月、

長くて6か月と思っておいたほうが無難です。

特別養護老人ホームのショートステイより、時期や期間に

融通がきくことから、介護者の休息のための短期、中期入所として、

あるいは長期ケアの施設が見つかるまでの緊急避難場所として、

利用するものと思っておけば間違いありません。

このほか老健施設には、デイケアも併設されており、

通所施設としても利用できます。
posted by ぶんねん at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。