ポチット押してくれてありがとう。これからもより良いブログ、頑張ります。にほんブログ村 介護ブログへ

2008年11月23日

医療機関の利用

自宅介護で痴呆がひどくなり自宅でも近所の病院でも

手に負えない場合の医療機関の選定のお助けです。

参考になれば嬉しいです。


083.

病院にもいろいろな種類がある

痴呆のケアをする病院には、痴呆性疾患治療病棟、

痴呆性疾患療養病棟、介護力強化病院、療養型病院

などがあります。

痴呆性疾患治療病棟は、精神病院に併設され、激しい

精神症状や問題行動をもつ患者さんを治療する所で、

入院期間はおよそ3か月です。

その他の病院は、もう少し長くケアをしてくれますが

1年ぐらいを限度とする所が多いようです。

病院の種類によって、病棟の広さや看護スタッフと

介護スタッフの人数の比率、入院可能期間などに

違いがあります。

 

084.

「精神科ではいくら何でもかわいそう」は大いなる誤解

「いくら何でも精神科ではかわいそうだ」という理由で、

精神科の病院を避けたくなるご家族の気持ちはわかりますが、

身体疾患の患者さんの多い病院に、痴呆症で動きの激しい

患者さんが入院すると、スタッフの目が届かないばかりか、

医者も精神科の薬を使い慣れていないことが多く、結局、

薬の副作用等で寝たきりにされてしまうということが

少なくありません。

もっとも、精神科医が全員、痴呆症の治療に習熟している

わけではないことを念頭に、慎重に病院を選んでください。

 

085.

入院には、保険外負担がある

入院によるケアを受けようと思うときは、見学によりケアの

質を自分の目で確かめるのと同時に、費用や入院期間などを

調べることが大切です。

これらの病院では、医療費の自己負担分、給食費に加えて、

おむつ代、クリーニング代、おやつや消耗品代として、

保険外に8万円から20万円程度が必要です。
このほか、個室や2人部屋などを使用すると別途、

差額ベッド代が必要になります。

さらに入院時に、保証金として一定の額を預けなければ

ならない所もあります。保証金は退院時に戻ります。 (確認しましょう)

 

086.

病院は長くて1年と思っていたほうがいい

例外もありますが、病院の入院期間は長くて1年程度の

所が多いと思っていたほうが安全です。

精神科的な治療を積極的にするために、いろいろな職種の

スタッフを多く抱えている痴呆性疾患治療病棟はおよそ

3か月がめどですし、少しスタッフの少ない長期療養の

ための病院でも1年程度という所が多いようです。

入院時に実状をよく聞いて、早めに次の手を打つ

必要があります。介護保険の導入などによって、

この辺が実際にどのように変わっていくかは、

いまのところはわかりません。
posted by ぶんねん at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。