ポチット押してくれてありがとう。これからもより良いブログ、頑張ります。にほんブログ村 介護ブログへ

2008年11月30日

介護施設の選び方

自宅介護で一生懸命のあなた、精神的に参ってはいませんか?

そんなときに、役に立つ介護施設の選び方をしっかり学んで

ください。目の付け所が間違えば、入所してから、介護される

あなたの親族のかたが、大変です。

しっかり読んでください。

087.

使う気がなくても、見ておいて損はない

在宅介護をしようと決めている人も、余裕のあるうちに、

病院や施設を見学しておくのは無駄になりません。

施設介護の良さがわかることもあるし、自分の介護のすばらしさを

確認して自信をもつこともあるでしょう。

いずれにせよ、痴呆介護は長い年月を要することですから、

将来に備えて、いざというときは、あそこでケアしてもらおうと

いう心づもりがあると、心理的に介護が楽になるはずです。


在宅介護以外のオプションをもっていると、介護の幅、

介護者の人生の幅も広がります。

 

088.

施設は来て、見て、嗅いでみる

見学に行ったときは、建物の立派さ、職員の若々しさなどに

目を奪われずに、そこにいるお年寄りの様子、表情をよくみて

きてください。生き生きとして、清潔な様子ならば良い施設と

考えてよいでしょう。

部屋のベッドにいる寝たきりのお年寄りの様子もしっかり

みてきましょう。居室に入ったとたんに、排泄物の臭いがする

ようでは問題があります。


おむつが汚れた場合は随時交換か、時間を決めて換えるのか、

後者なら、一日何回換えるのかなども聞いてみましょう。

入浴の施設もみせてもらい、入浴回数も確認します。

 

089.

グループホームはオールマイティーではない

痴呆症のお年寄りを八人前後の小グループで介護する、

グループホームが増えています。

グループホームには、大規模施設や病院にない素晴らしい面が

たくさんありますが、欠点もたくさんあります。

たとえば、大声を上げるとか、激しい徘徊があるような場合、

大きい施設の場合はそれほど目立たなかったのに、小さな

グループホームでは、他の入居者から浮いてしまうようなこと

があります。施設の種類による特性や、個々の施設の個性を

理解して、自分の家族にふさわしい施設を

探すようにしてください。

 

090.

グループホームの注意点

グループホームの最大の利点は、規模が小さいので、家庭に

近い生活が可能であるという点です。

一方で、規模の小ささがグループホームの限界でもあります。

前の章でも述べたように、規模が小さいと、仲間と合わなかった

場合に逃げ場がありません。

また、職員の数も少なくなりますから、その中に一人、

困った職員がいると、その影響は大きな施設とは比べ

ものになりません。

事前の調査を慎重にし、入居後も、グループホームだから

安心だなどと思わず、家族が頻繁に顔を出すことが、

施設のモラルを高めるために非常に重要です。


重要な部分を色を変えています。

しっかり実践しましょう。
タグ:介護施設
posted by ぶんねん at 19:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 認知症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
5xkPb84d
Posted by hikaku at 2009年06月16日 12:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110454651

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。