ポチット押してくれてありがとう。これからもより良いブログ、頑張ります。にほんブログ村 介護ブログへ

2008年12月12日

お金が絡まると気持ちも絡まる

介護をしていく内に色々とお金に関して問題が発生します。

毎日の食費、おむつ代、デイサービス、週末介護、

特に、痴呆が進み、理解が出来なくなったときの相続の問題

こんな事になる前に一度考えて見てはどうでしょう?

094.

お金が絡むときは、前もって処理をしておく

痴呆症のお年寄りの場合、日々の経費の管理、資産の管理、

相続の問題など、お金の絡む問題がしばしば生じます。

ご本人の能力が保たれている間に、考えを確認できていれば、

できる限りそれに沿って解決していけばよいのですが、能力に

障害が生じた後で、本人名義の不動産を売買をする、

遺言状を作る、養子縁組をするなどというときは、

ご本人の能力について、専門家の評価を得、法律的な

手続きを明確にしておきましょう。

こうした問題に関する訴訟は増え続けています。

 

095.

後見制度も利用しよう

平成十二年の四月から成年後見に関する民法の規定が改訂されました。

財産管理などについて、現在の禁治産、準禁治産の二段階から、

全く自己決定の能力がない人のための後見制度、

少しは能力がある人のための補佐制度、

障害が軽度の人のための補助制度三段階になり、

本人の意思をより重視し、利用しやすい制度に変わります。

このほか、能力のあるうちに弁護士や特定の個人に、

痴呆症が進行した後の自分の財産の管理や終末期医療に

関する意思の実現を委ねる任意後見制度も確立されています。
ラベル:お金
posted by ぶんねん at 08:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 認知症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

居宅介護 利用できるものは利用していいんです
Excerpt:  居宅介護をしていると「誰も助けてくれない」、また逆に 「人に頼ってはいけない」、「すべてを背負っていかなくては いけない」と思い...
Weblog: 居宅介護 居宅介護の悩みを解消!
Tracked: 2008-12-13 21:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。