ポチット押してくれてありがとう。これからもより良いブログ、頑張ります。にほんブログ村 介護ブログへ

2009年01月14日

認知症の原因と特徴

(2)認知症の原因と特徴 
認知症そのものは若い人でもお年寄りでも起こる

可能性がありますが、原因は多種多様な要素が絡み

合って発症します。

特に高齢になると、脳の老化にともなって認知症が

起こりやすくなります。

 老化による認知症の代表的なものに、

「変性症認知症」と「脳血管認知症」があります。

変性症認知症 脳の実質の変性によって脳が萎縮する。

アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症など

脳血管認知症 脳出血や脳梗塞によって特定部位が

障害されたりすることにより起こる脳血管性の認知症


アルツハイマー型認知症
脳の実質の変性によって脳が萎縮し起こる認知症

 アルツハイマー型認知症は、ゆっくりと発症し、

徐々に悪化します。

初期の段階では運動麻痺や感覚障害などの神経症状

は起きず、本人も周囲も日常生活で目立った変化が

現れるまで気づきにくい特徴があります。

最初はまず記憶障害から始まります。物忘れが

ひどくなり、何度も同じことを聞いたり、仕事や

家事の段取りがつけられなくなり、小さな失敗が

重なるために周囲とトラブルが増えていきます。

なじんだ場所ではかろうじて行動できても、なじみの

ない場所やストレスが多い場面では、不安や混乱が

高まり言動のくいちがいや失敗が多くなる特徴があります。

 進行すると時間、場所、人物の判断がつかなくなり、

外見上はしっかりしてみえても、見守りや支えがないと、

外出や着替え、排泄、入浴などの日常生活を送ることが

次第に困難になります。

歩き回る(徘徊)、夜眠らない、大声で叫ぶ、興奮や

乱暴などの激しい言動が現れる場合もありますが、かならず

背景に引き金になる不安やストレス、体調の悪さなどが

あるとされています。

 
さらに進行すると会話が難しくなり、のみこみ(嚥下)の

障害、体温調節の障害なども起きてきます。

近では、早期発見で症状を改善したり、進行を遅く

できるようになってきました。


脳血管認知症
脳出血や脳梗塞などによって起こる認知症

 脳血管障害による認知症は障害のある部位によって

症状が異なります。

日によって症状の差が激しく、いわゆるまだら症状を

あらわすこともあります。

障害のある部位以外は健全ですので、本人がわからなく

なってしまったことがある一方、はっきりわかることも

多くあります。

 
脳の障害部位によっては身体の麻痺や言語障害を伴う

場合も多く、脳血管障害の再発によって急激に悪化する

場合があります
posted by ぶんねん at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。