ポチット押してくれてありがとう。これからもより良いブログ、頑張ります。にほんブログ村 介護ブログへ

2009年01月18日

認知症?と思ったら

2.認知症の疑いがあったら
(1)こんな生活の変調には注意を
□同じことを何回も言ったり聞いたりする

□今までできていたことができなくなった

□簡単な計算ができない

□時間や場所の感覚が不確かになった 
「今、何時?」、「今、どこ?」など

□慣れている道に迷う

□だらしなくなった

□ものの名前が出てこなくなった

□水道やガスの閉め忘れが目立つ

□置き忘れやしまい忘れが目立つようになった

□夜中に起き出して騒ぐ

(2)疑いがあれば早めの受診を
 素人判断は危険です。不安な状態で過ごしたり、

「大丈夫なはず」とやりすごしたりせずに迷ったら

早めにかかりつけ医や専門医の診察を受け、

早く対応策を相談しましょう。

 
近年、単なる物忘れと認知症との境界域を「軽度認知障害」

と呼ぶようになりました。

この段階で治療をすると、認知症の発症を遅らせる、

また軽症ですませることが可能になってきました。

「もの忘れ外来」などの専門課も設置されていますので、

不安があれば早めに受診しましょう。

 
受診先としては、精神科、神経内科、老人科などになります。

問診だけでなく、聞き取りによるテスト、血液検査、

CTスキャン、MRIなどの画像診断が行われます。

設備とスタッフがそろった病院を選びましょう。

 
専門医を探すには掛かりつけ医、保健所、市町村の高齢者福祉の

窓口で問い合わせをします。

介護保険サービスを使っている場合は、地域の医療・介護情報に

精通しているケアマネジャーに相談するのも良いでしょう。

 
老人性のうつ病など認知症と紛らわしい病気や身体的な病気で

認知症のように見える場合もあるので、全身のチェックも必要です。

 
自覚がないようでも本人は不安や心配を抱いています。

受診は本人にとって大きなストレスとなる場合もあります。

不安をあおらないよう健康診断のひとつとして、

上手に受診を勧めてください。

本人が病院に行くのを嫌がる場合は家族など介護者だけでも

相談に行きましょう。

認知症であるかどうかはっきりしない場合は、全国の

老人性痴呆疾患センターでも相談を受け付けています。



posted by ぶんねん at 21:45| Comment(1) | TrackBack(2) | 認知症の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。ケアウェルです。

担当の利用者様でも「あれ?言っていることがちょっと変だな?おかしいな?」と思っている方が時々いらっしゃいます。

しかし、医療につなげる難しさを痛感しております。
というのも、「精神科、神経内科、老人科」への通院に抵抗があったり、ちょっと変と思っても、その方の性格からくるものなのかの判断がつかないためです。

一番最初に抵抗なく、スムーズに、医療職へつなげる良い方法を現在模索中です。
Posted by ケアウェル at 2009年01月19日 01:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

居宅介護 ベッドや布団の湿気対策
Excerpt:  居宅介護をしていて長い間寝たきりになると、 ベッドや布団の湿気やにおいが気になることがあると思います。 布団やマットを干すことが...
Weblog: 居宅介護 居宅介護の悩みを解消!
Tracked: 2009-01-20 00:39

在宅介護の悩みを解消する
Excerpt: 在宅介護のに関する有益な情報を集めました
Weblog: 在宅介護の悩みを解消!クチコミ評判
Tracked: 2009-03-14 23:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。