ポチット押してくれてありがとう。これからもより良いブログ、頑張ります。にほんブログ村 介護ブログへ

2009年01月30日

認知症の人との接し方 その2

(2)認知症高齢者の行動と対応

 認知症になると、これまでできたことができなくなるほか

徘徊や妄想など思いがけないことも起こるようになります。

なぜそうするのかを考えればケアの方法も見えてくるはずです。

あわてないで冷静に対応しましょう。
 

夜間せん妄
 夜間、興奮したり、幻覚を見たりして家の中を歩き回ったり

することを夜間せん妄といいます。

部屋を明るくして穏やかに対応すると落ち着きます。

日中散歩するなどして夜、眠れるようにし、ひどい場合は

医師に相談します。


不眠 
認知症では昼夜逆転タイプの不眠がよくみられます。

不安を取り除き、規則正しい生活をするために以下のような

対処方法があります。


1.昼間は自然光の差し込む明るい環境で過ごす。

2.日中、外に出て明るい光を浴びる。

3.昼間は、散歩や軽い運動、家事の手伝いなどできるだけ
  動くようにする。

4.デイケアを利用する。

5.夜眠る時は常夜灯をつけておく。

6.不安で眠れない場合は、家族と相部屋にしたり、
  添い寝をする。

7.空腹にならないよう、眠る前に温かい飲み物や
  消化のよい食べ物を少量摂らせる。

8.空腹を訴える
 
食事を済ませたばかりなのに、食べ物を欲しがったり、
食べ物ではない物を口にしたりする場合があります。

徘徊する方は、運動量も多く、本当に空腹な場合もあります。

頻繁に食べ物を要求する時には、小さなおにぎりやクッキーなどを
少しずつあげるといいようです。

 また、同じ量のご飯でも大きなお茶碗一杯より、小さな器で
おかわりをしてあげるほうが満足感があるようです。

 認知症だからといって、壊れにくい食器を使うのではなく、
なるべく美しい食器を使いましょう。
美しい食器や季節感のある彩りの美しい料理などが食事の満足感を
高め、食行動の問題を減少させます。

また、家族だんらんの食事は満足感を生むようです。

posted by ぶんねん at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。