ポチット押してくれてありがとう。これからもより良いブログ、頑張ります。にほんブログ村 介護ブログへ

2009年02月13日

自宅介護のポイント

 在宅介護をする場合のポイントは、在宅にこだわらない、

介護者が頑張り過ぎないことです。

在宅介護にこだわって介護者が倒れれば、

在宅介護は成り立ちません。



ひとりで悩まないで相談相手を見つけよう
 
日々の悩みや苦労はため込む前に家族や友人、隣人に

話してみましょう。気軽に話せる相手として介護経験者が

相談相手になってくれる電話相談もあります。

お住まいの地域には、相談にのってくれる行政窓口や

介護を支援してくれるプロの相談窓口が必ずあります。

早めの相談が長丁場の介護をのりこえていくポイントです。

手に人の力を借りよう 
「自分が頑張ってやらなければ」と気負わずに、

「これを手伝って」「ここを助けて」と上手に人の力を

借りましょう。本人の実際のようすを知ってもらう

機会にもなります。



介護者の生活スタイルを大切に。暮らしに息抜きと楽しみを 

介護者自身の暮らしに潤いがないと、認知症の人への

関わりもギスギスしてしまい、本人の不安や混乱を招いて

介護がかえって大変になります。

介護者であると同時に「自分」を大切に、今までとおりの

自分なりの楽しみや人とのつながりを続ける

時間を確保しましょう。


posted by ぶんねん at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 認知症の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。