ポチット押してくれてありがとう。これからもより良いブログ、頑張ります。にほんブログ村 介護ブログへ

2009年02月16日

在宅介護のポイント その2

本人から離れる。心と身体を休める。
 
いらいらしたり疲れたと感じたときは頑張りすぎないで、

わりきって短時間でも本人と離れましょう。

介護をしばし忘れてぐっすり休むことが必要です。

そのためにも、ぜひ「お願い」できる人の確保を。

ショートステイ、デイサービス、ヘルパー訪問看護などの

介護サービスを上手に利用しましょう。


医師や看護師の確保
 
健康管理や持病の治療のほか、発熱などの急な場合の

医療の確保が大きな課題です。

ふだんからかかりつけ医に定期検診してもらうなど、

ふだんの様子を知ってもらい、家族も気軽に相談しましょう。

かかりつけ医が見つからない場合は、行政窓口や

ケアマネジャー、訪問看護ステーションなどに相談をしましょう。


「家で暮らすこと」だけが良いとは限らない
 
本人、家族の安心安定のためには、グループホームや

施設に移り住むほうがお互いにいい結果を生む場合もあります。

「家で暮らす」ことにこだわりすぎず、

「どこで暮らすのが良いのか」、本人の意向を大事にしながら、

家族、親族で充分話し合いましょう。

認知症の人にとっては、なじみの暮らしを続けることが

とても大切なので、まずデイサービスに通い、

なじんだらショートステイ、その後施設に入所と

穏やかに移り住むことが理想です。

そうした継続的なサービスに力を入れる

サービス事業者も増えてきています。




posted by ぶんねん at 19:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 認知症の基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
とっても素晴らしいブログですね。

以前トラックバックをしていただいたことがあり、たまに拝見させていただいてます。

認知症の問題は難しい問題ですね。

私は遺言書作成と関連する形で、ご家族の悩みに直面することがあり、その難しさにこちらも悩んでしまうことがあります。

また拝見させていただきます。
それでは。
Posted by 飛鳥山です。 at 2009年03月06日 17:28
飛鳥山さん、ぶんねんです。

認知症は早めに家族で話し合い、その後の対応まで決めて介護をすることが大切だと思います。
認知症が重く成り、本人が理解できない状態で、物事の判断は本人の意志をくみ取らないモノとなり後に残されたご家族も大変です。

大事の前の小事では有りませんが
最初が良ければ後も良しで
がんばりましょう。
Posted by ぶんねん at 2009年04月19日 20:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。