ポチット押してくれてありがとう。これからもより良いブログ、頑張ります。にほんブログ村 介護ブログへ

2009年04月16日

移動用リフトとは

移動用リフト.gif


       ●移動用リフトとは・・・
---------------------------------------------------- 

自力で移動できない人の体を吊り上げ、ベッドから車いす、

トイレ、浴室などとの間の移動を補助するものです。

 
つり具を使用して人を持ち上げ、キャスターで床を移動して

目的の場所に人を移動させる「床走行式リフト」。


 
居室、浴室などに固定設置し、その機器の可動範囲内で、

つり具を使用し、人を移動させる「固定式リフト」。

 
ベッドの上などに櫓(やぐら)を組んで、走行用のレールを

固定し、レールの範囲内で、つり具を使用し、人を移動させる

「据え置き式リフト」があります。


 
他に、玄関等に設置し、上下に動かして段差を解消する

「段差解消機」、いすの座面が電動で上下して、立ち上がりを

補助する「立ち上がり用いす」、風呂の浴槽の中に設置して、

座面が電動で上下する「入浴用リフト」があります。

 
いすに座った状態で階段の昇降ができる「階段昇降機」は

介護保険の対象とはなりません。



上の画像はつり上げ式の移動リフトです。

持ち運びが便利で女性の方でも折りたたんではこべます。

材質はアルミ製で軽く、140sまでつり上げる事ができます。

     移動用リフトの導入における注意
 
いずれのリフトの場合も、リフトの機械自体は貸与の対象に

なりますが、つり具(からだを包むシート)は購入対象であり、

貸与の対象とはならないので注意が必要です。

 


また、設置にあたり、床面の強化、改修が必要になる場合も

ありますが、
その際は住宅改修費を利用します。

選択にあたっては介助能力、住環境、移乗場面、経費などを

勘案し、専門家と相談します。導入前に試用するのが望ましいです。


    介護保険・福祉用具貸与の対象となるものは・・・

         <移動用リフト>
  床走行式、固定式又は据置式であり、かつ、身体をつり上げ

又は体重を支える構造を有するものであって、その構造により、

自力での移動が困難な者の移動を補助する機能を有するもの

(取付けに住宅の改修を伴うものを除く。)


     介護保険・購入費支給の対象となるものは・・・

         <移動用リフト>

  移動用リフトのつり具の部分

posted by ぶんねん at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護用品の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117580559

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。