ポチット押してくれてありがとう。これからもより良いブログ、頑張ります。にほんブログ村 介護ブログへ

2009年05月14日

介護のにおいはどこから出るの?

 介護をしていると、人間の身体にはいろいろなニオイが
あることに気づきます。

ニオイは本来あって当たり前のものですが、排泄物のニオイなどは

介護する側の負担になるだけでなく、介護される側にとっても

「恥ずかしい、申し訳ない」と心理的な負担になっていることが

少なくありません。

ここでは「ニオイものに蓋をする」というのではなく、

ニオイの出所、発生源を知り、人それぞれのニオイ対策を

考えたいと思います。


介護のにおい人体.gif

               ■体臭

 ひとことで体臭といっても、体臭の元はからだから出る汗と

皮脂です。ともに新陳代謝のために必要なものですが、出る場所に

よってニオイが異なります。


まず、汗を出す汗腺にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺の

2種類があります。

<エクリン汗腺>

汗腺は全身に分布し、体温調節のために汗を出します。

成分は99%以上が水分で、残りは塩化ナトリウム、尿素、

乳酸などです。汗腺の数は少ない人で200万個、多い人で

500万個、平均は350万個といわれていますが、そのうち

機能している機動汗腺は半数だといわれています。

エクリン汗腺から出る汗は弱酸性の無色で無臭ですが、

臭うのは皮膚の表面にある皮脂や垢に含まれる雑菌によって

分解されるからです。


<アポクリン汗腺> 
アポクリン汗腺は毛根を包む上皮組織である毛嚢に付属している

汗腺で、分泌活動をする細胞の集まりです。

腋の下、股間、胸など体毛の生える部分に集中し、思春期以降に

分泌します。

タンパク質、脂質、アンモニア、色素を含み、粘り気があるのが

特徴です。 アポクリン汗腺から出た汗も無臭ですが、皮膚の上に

いる細菌が分解してニオイが発生します。


腋の下の悪臭、いわゆるワキガは脂肪酸、アンモニア、水酸化物が

混ざった揮発性の高いニオイ物質に変化したものです。


<皮脂> 
皮脂腺はからだの表面に皮脂を分泌し、皮膚を守る働きをして

いますが、分泌が増えると、皮脂腺内の脂肪酸が増加し、

ニオイの原因になります。


<体臭の原因>
体臭の原因は汗だけではなく、皮脂、皮膚老廃物(垢)などを含む、

体表上に分泌されたさまざまな物質が変化してニオイを発する

物質となり、体臭を発することになります。

次回は体の中でもっとも汗を各部分頭について

説明しますね。  お楽しみに。


わきが や汗の体臭が気になる人にお勧め商品です。

わきが、制汗、皮膚汗臭に
スパ トリートメント デオドラントジェル 40g


スパトリートメント デオドラントジェルの特徴

1.長時間効果が持続します。

2.オイルフリーのジェルタイプなので、べとつきがなく
  サラッとした使用感です。

3.制汗・消臭効果が極めて高い医薬部外品です。

4.腋臭の原因となる皮膚常在菌(腋臭原因菌)に対して
  高い殺菌効果があります。

5.毎日でも使いやすい無香料です。

posted by ぶんねん at 22:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 介護のにおいケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わきが対策のドクターデオドラントや、気になる加齢臭対策グッズなどのことならラムズ・マークスです!
Posted by わきが at 2009年05月27日 18:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119489551

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。