ポチット押してくれてありがとう。これからもより良いブログ、頑張ります。にほんブログ村 介護ブログへ

2009年07月17日

介護にニオイはつきもの

介護ではいろんなニオイがします。

お年寄りでは加齢臭など人生を長く過ごすと

皆さん、ニオイは幾分か強くなります。

寝たきりのお年寄りに成ると、自然に排尿による

おしっこのニオイがベットについたり、おむつから

ニオイがするようになります。

上で書いた事は介護される人からのニオイのことです。

どのようにするとニオイが無くなるのか?

それは、毎日の清潔にする努力が必要です。

かんたんでよいのでおむつの交換時お湯でタオルを濡らし

陰部を綺麗にすることで幾分かニオイはきえます。

看護される側からニオイについて言えば

前に書いている様に介護する人のニオイが一番気になると

おもいます。

1.口臭は優しい言葉をかけてもらっていても
  優しい言葉よりくさい口臭の方に気が行って
  気分的に宜しく思いません。

2.体臭、特にワキガや汗のくさい人に介護される
  とクサイニオイに優しく介護されてもいやな気分に
  なるのでは無いでしょうか?

介護される側、介護する側も気持ちよく介護したいものです。

介護される側は自分で綺麗に成ることは難しいと思います。

介護する人の口臭、ワキガ、体臭のニオイは介護される人は

選ぶ事が出来ないのです。

ニオイがしても、わるいな〜とか、介護してもらっているから

など、遠慮して言わない人がほとんどでは無いでしょうか?

今一度、本当の友達とか両親、子供などに聞いてみては

どうでしょうか?

知らない自分が解るかもしれません。

その時はまあいいや!!とするのではなく、すぐ対処しましょう。

そうすればままでの関係から、よりよい関係にかわるでしょう。
posted by ぶんねん at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護のにおいケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。