ポチット押してくれてありがとう。これからもより良いブログ、頑張ります。にほんブログ村 介護ブログへ

2010年07月14日

寝たきりにならないためには

寝たきりにどうしてなるのでしょう?

私のおじいさんも、タバコを吸っていたら縁の外に落とし

それを拾いに行った帰り玄関の段差につまずき転倒!!

救急車で病院に運ばれ大腿骨骨折の手術

それからは年も年なのでリハビリもできずベットに寝たきり

あれだけ元気で毎日を楽しく過ごしていたおじいさん

ちょっとしたきっかけで寝たきりになるのです。

でも、寝たきりは本人にもよいところはひとつもありません

ベットから出ることを

本気で考えてみませんか?

寝たきり老人ゼロ作戦と福祉機器

   わたしたちは、「年をとれば寝たきりになる」、

          「脳卒中にかかれば寝たきりは避けられない」

          と考えがちです。
 
寝たきりは、本人の生活の質を著しく損なうばかりでなく、

介護をする家族にとっても大きな負担となるほど、社会的にも

大きな問題となっています。
 
欧米諸国には、寝たきりの老人はほとんどいないといわれています。

寝たきりのかなりの部分は、適度な訓練と介護によって防ぐこと

ができるのです。
 
寝たきりゼロへの10ヶ条
   
1.脳卒中と骨折予防、寝たきりゼロへの第一歩
 
2.寝たきりは寝かせきりから作られる       (過度の安静逆効果)
 
3.リハビリは早期開始が効果的    (始めようベッドの上から訓練を)
 
4.くらしの中でのリハビリは食事と排泄、着替えから
 
5.朝起きてまずは着替えて身だしなみ (寝・食分けて生活にメリとハリ)
 
6.「手は出しすぎず目は離さず」が介護の基本 (自立の気持ちを大切に)
 
7.ベッドから移ろう移そう車いす      (行動を広げる機器の活用)
 
8.手すりつけ段差をなくし住みやすく(アイデアを生かした住まいの改善)
 
9.家庭でも社会でもよろこび見つけ    (みんなで防ごう閉じこもり)

10.進んで利用、機能訓練デイサービス(寝たきりなくす人の和、地域の輪)

この10か条をよく読んでできるところから取り組んでいけばどうでしょう?

posted by ぶんねん at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉機器に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。