ポチット押してくれてありがとう。これからもより良いブログ、頑張ります。にほんブログ村 介護ブログへ

2010年08月08日

排泄の介護と福祉機器1

排泄の介護と福祉機器1

一日に何回も行う排泄は、だれもが人の手をわずらわせたく
ないと願う非常にプライベートなものです。

ときには、排泄を少なくしたいと飲み物や食べ物を減らし、
その結果代謝機能が衰え身体状況を悪化させることもあります。
 
一方、介護のなかで負担が大きいのが排泄の介護です。その
ため、起き上がりやトイレへの移動が困難になると、すぐにお
むつを使うことになります。

 しかしながら、おむつをつけたショックから生活の全てにハ
リをなくしたり、床ずれを誘発したり、尿意・便意がなくなっ
たりすることがあります。

 排泄の自立は、いきいきとしたその人らしい生活をするため
にも介護の負担を軽減する上からも大切です。

 日中はトイレを使い、夜間はポータブルトイレを、また、日
中はポータブルトイレ、夜間はおむつを使うなど福祉機器を活
用しながら、気長に段階的に排泄の自立をめざした介護をしま
しょう。

自立への住環境づくり

●トイレの工夫

●廊下の工夫

●居室の配置の工夫

3つの項目について考えてみてください。

人から教わるのも、ひとつの手段かも知れませんが、
トイレの工夫に関しても、答えはひとつとは限りません。

いろいろ考える中から、こうしたらよい、こんなこともどうかな?
いろんな楽しい考えが浮かんでくるとおもいます。

ヒント、トイレに関して、5つの枝を伸ばしてください。
イメージはトイレが幹、5つの枝は幹から延びているものです。

トイレからのイメージ発想を5つ浮かべてください。
1トイレ-----臭い----臭いからの発想:芳香剤-----芳香剤:良いにおい 

2トイレ-----

このようにひとつの枝からまた枝を考える事でトイレからイメージされる

言葉があふれるようにでてきます。

出た、言葉を考えるうちに、ピンとひらめくものがあるのです。

頭が熱くなるまで、考えてください。

次回はトイレについて説明します。
posted by ぶんねん at 14:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 福祉機器に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぶんねんさん おはようございます。

昨夜は お越しいただいてありがとうございます。

介護家族に寄り添った情報に 驚きました!
ぶんねんさんの 介護への思いが強く
感じられます・・・・

介護者本人。介護家族にとっても 心強い内容で これから参考にさせて頂きます。
  応援してますぽち!
Posted by うさぎ at 2010年09月13日 08:57
ウサギさんコメントありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
頑張ってこれからも有益な情報を提供していくつもりです。
Posted by ぶんねん at 2010年09月13日 23:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/158833327

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。