ポチット押してくれてありがとう。これからもより良いブログ、頑張ります。にほんブログ村 介護ブログへ

2010年10月12日

清潔の介護と福祉機器

清潔の介護と福祉機器

入浴や清拭などは、高齢者にとって心身の負担をともない疲れるものでもあり、
手際よく安全に行う必要があります。
 また、足元が滑りやすく蒸し暑い浴室での介助は、介護をする人にとっても
負担が大きいものです。
 シャワーチェアやバスボードなどの福祉機器を使い安全、快適に清潔の介護をできる環境を
整えることが重要です。

シャワーチェアの選び方・使い方
シャワーチェア
  1.安定性がよいもの。
2.腰掛け部分に滑り止めの加工がしてあり、背もたれのあるものが安全です。
3.シャワーチェアに腰掛けたとき、手すりなどにつかまり、安定した姿勢を
  とれるようにします。

シャワーチェア.gif
バスボード、バスチェアなどの選び方・使い方
バスチェア
   バスチェア(浴槽台)は、浴槽の中に置く腰掛けです。立ち上がりをしやすく
します。浴室の床に置いて踏み台としても使えます。
バスチェア.gif
バスボード.gif
バスボードは、浴槽の縁が狭く腰掛けにくいときに使います。
しっかりと固定でき、取り外しも簡単にできるもので手すりが付
いたものが望ましい。

 このほか、浴槽への出入りを容易かつ安全に行うための入浴用リフトがあります。
浴室や浴槽によっては取り付けられない場合がありますから、福祉機器の事業者と
十分相談しましょう。
入浴用リフト.jpg





posted by ぶんねん at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉機器に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。