ポチット押してくれてありがとう。これからもより良いブログ、頑張ります。にほんブログ村 介護ブログへ

2010年11月10日

移動の介護と福祉機器

移動の介護と福祉機器
移動の介護
 車いすや歩行器などを使用することは、寝かせきりにしないことに
つながります。
 
 そのためには車いすや歩行器を操作する以前に、そこへ『乗り移り』
ができるかどうかが、大切なポイントになります。
 
 車いすや歩行器へ乗り移るために、ベッドや移動用リフトなどの福祉
機器を使用するとともに、からだの自然な動きを知り、安全で安楽な
『起き上がり』や『乗り移り』の方法を知ることが必要です。
 
 また、介護者は腰に負担がかからない姿勢と動きに常に心がけ、腰痛
を起こさないようにしましょう。

移動の介護と福祉機器
移動の介護では、介助者が使用するものか、本人が
使用するものかを考えて、福祉機器を選ぶ必要があります。
 
 例えば、介助用の車いすならば、本人の乗り心地はもちろんですが、
介助者が使いやすいものを選ぶ必要があります。
 
 本人の機能にあわせた車いすや歩行器を選ぶとともに、段差解消器を
使って部屋の中の段差をなくしたり、廊下に手すりをつけるなどの
工夫をすると、移動がしやすく、介護の負担も軽くなるでしょう。
 
 また、排泄や入浴などの介護のときにも『乗り移り』がしやすいように、
手すりをつけたり、滑り止めマットを置くなど、まわりの環境を整えましょう。

ベッドから車椅子に移動するときの動画です。クリックするとみれますよ。
http://www.youtube.com/watch?v=2kd0Ge2jmWs
posted by ぶんねん at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉機器に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/168954991

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。