ポチット押してくれてありがとう。これからもより良いブログ、頑張ります。にほんブログ村 介護ブログへ

2007年08月19日

病院に行くときはどんな服装?が一番か

介護に付き物は定期的な病院での検査です。

検査に付き物は血圧測定、注射など
袖口を上げる行為がどうしても必要になって来ます。

そこで考えたのが袖口が簡単に上げる方法です。

服の袖口を見て貰えれば解るように普通の服は
ボタンがかけてあります。
この、ボタンは小さくお年寄りにはかけたり
はずしたりが困難な代物です。

では、アナタが毎日しているエプロンはどうでしょう
すぐ外したり出来るように袖口はゴムが入って
いませんか?
袖口にゴムを使うと簡単に脱いだり袖を
上げたりする事が簡単に出来ます。

そこで、病院に着ていく服で女性はブラウス、男性は
カッターシャツを少し改造して着ていって貰うのです。

古くても綺麗なブラウス、カッターシャツの袖口を
はさみで切ります。
この時に注意する事は若者向けの服(娘、孫)です。
袖が長く作られているのでカットしても良いぐらいの
長さになります。
そうして、カットした袖口を三つ折りにしてミシンをかけ
そこにゴムを通せばできあがりです。

簡単に出来るリホームなのでお勧めです。

注意点は袖の長い服を選ぶ事ですね。
posted by ぶんねん at 11:41| 衣類編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。