ポチット押してくれてありがとう。これからもより良いブログ、頑張ります。にほんブログ村 介護ブログへ

2007年09月29日

玄関に靴専用の椅子を置くと便利です。

田舎の家の玄関は床から60pぐらい上がっています。

ですから靴を脱いだり履いたりするときには1階の床から
下に一段靴を履いたりするところが有ります。

都会の、マンションとか、公団住宅、一般のアパートは
玄関をバリアフリーに近い様な使用にしているところが
多いです。
バリアフリーは車椅子とかには優しい仕様なので
一概に悪いとは言えません。

健常者から、年を取って足腰が悪くなった
お爺さん、おばあさんに取っては
しゃがんだりする事が辛いのです。
一度しゃがんだりすると杖とか手摺りが無ければ
起きあがれる事が出来ない時も有るのです。

そこで、しっかりした椅子を玄関脇に置いておき
そこに座って靴を履いたり、脱いだりして貰うのです。

座っての動きなので大変楽で不自由な老人には最適です。

チョットした工夫で楽しい介護生活をして下さい。
posted by ぶんねん at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 住まい編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/54913090

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。