ポチット押してくれてありがとう。これからもより良いブログ、頑張ります。にほんブログ村 介護ブログへ

2007年10月02日

便所の位置が解らなくなったときの対処法

お年寄りに限らず、目が不自由な人の家では、文字を大きくしたり
解りやすくしたりと色々工夫していますよね。

お年寄りは年齢と共に目が不自由になりまた痴呆が入れば
よけいにトイレなどの位置が解らなくなります。

そこで良いと思われる対処法の一つとして、
トイレの位置を解るように表示する。
トイレと書かずに【便所】と表示する方がお年寄りには
良く理解出来ます。

便所に行くまでの廊下を明るくするのも効果有ります。
暗いと手探りにもなるし、足元も不安定です。

そんな所を歩いている家にお漏らしって事も有りますよね。

安心して便所にいける様明るく、解りやすくして上げましょう。
posted by ぶんねん at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 住まい編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。