ポチット押してくれてありがとう。これからもより良いブログ、頑張ります。にほんブログ村 介護ブログへ

2007年10月19日

短い言葉で注意を!

認知症のお年寄りに対してどの様に注意を促していますか?

言葉による注意

文字による注意

とっさに出る言葉、子供が転けそうに成ったときアナタは

どの様な言葉が出ますか?

「あっ、足元の○○につまずいて転ける、危ない!」
こんな、長い言葉は発し無いと思います。

「危ない!」この一言では無いでしょうか?

そうなのです、短い言葉が認知症のお年寄りには理解が
早いのです。

言葉で言うと角が立ちます。怒った様に聞こえますよね。

ですから、紙に漢字で書いて注意を促すのです。

ガス台の前には【危険】

玄関の前には【〆切】

など、ひらがな、カタカナよりも漢字の方が解りやすいのです。

色々試してみてはいかがですか?

posted by ぶんねん at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 事故防止編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/60363899

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。