ポチット押してくれてありがとう。これからもより良いブログ、頑張ります。にほんブログ村 介護ブログへ

2007年10月26日

無口なお爺さんがお国言葉で流ちょうに

年と共に無口になって行くおじいさん。

所が先日親戚の方が訪れたとき流ちょうな方言で
話しているでは有りませんか。

ビックリです。

生まれ育った方言は忘れていないのでしょう。
それからは、お爺さんから方言を習い、
方言で話をするようにしたそうです。

方言はお爺さんには自然と出てくる言葉だったに
違い有りません。
年を取ると子供に返る。
ヤハリ育った所に戻りたいのかもしれません。

ココで重要なのが方言では有りません。
方言は対話をする一つのツールでしか有りません。
基本は楽しく話をする。ここなのです。

方言を習ってコミュニケーションを取りましょう。
posted by ぶんねん at 20:40| Comment(1) | TrackBack(0) | リハビリ編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして 介護施設に勤めて1年になります。壁と言うか、どう対処していいのか悩むことが多いです。そんな時、ここでヒントを沢山いただいています。今コミュニケーションの大切さと難しさに突き当たっています。
Posted by rei at 2007年10月28日 02:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。