ポチット押してくれてありがとう。これからもより良いブログ、頑張ります。にほんブログ村 介護ブログへ

2007年11月12日

小さな茶碗で食べ過ぎ防止

認知症のお爺さんの話です。

食事を終えたばかりのお爺さんが

「メシはまだか!」

と繰り返す認知症のお爺さん。

「いま、食べたでしょ」

と言っても納得しないので茶碗を小振りに替えました。

「腹が減った!」

言われたら、ご飯を少なめによそって出す事にしました。

少しでも食べればお爺さんも満足し、おとなしくなって
くれます。


【アドバイス】
 コレは認知症の初期段階です。
 もっとすすむと脳が萎縮し、食べ物を食べ物と
 して認識出来なくなります。
 食べたがるときは少しずつ食べさせて
 気が済むようにするしかありません。
posted by ぶんねん at 18:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 食生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
御無沙汰しております。

先日 お約束していたリンクやっと張らせていただきましたので ご報告させていただきますね。遅くなってすいませんでした。<(_ _)>

母も食べたすぐから「ご飯食べてへん・・。」とか 家族以外の人に「私全然食べさせてもろてないねん・・。」としおらしく言うので苦笑いしたものです。(*^_^*)
こんな風に工夫すると目でも満腹感を得られるかも知れませんね。
今は 介護はしてませんが これからまたする機会もあると思いますので お勉強に訪問させていただきますね。(^。^)
ではまた・・。
Posted by 三毛いぬ at 2007年11月13日 15:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。