ポチット押してくれてありがとう。これからもより良いブログ、頑張ります。にほんブログ村 介護ブログへ

2007年12月15日

究極の介護は排泄物を処理する事

今回を含めて3回に渡り皆さんと考えて行きたいと思います。

第1回目 汚さに慣れないと介護は出来ない

お年寄りの3K聞いた事有りますか?

 *汚い

 *くさい

 *可愛くない

だそうです。

お年寄りには申し訳ないけど、当たってます。

汚いはご飯の時にこぼしたり、鼻水が出たままになったり

くさいはウンチの処理、風呂に入らずにアカがたまり身体が
 くさくなっている事

可愛くないは性格的に可愛く無い事で痴呆になると
今言った事を忘れ、何度も同じ事を言い困らせる等

この中で介護者の責任は可愛くないのこの問題だけで

汚い、くさいは介護を引き受けた以上コチラの問題です。

この汚い、くさいを克服しないと介護は苦痛の何者でも
ありません。

汚いくさいの大きな原因の一つはなかなかお風呂に入って
くれない事が考えられます。

コレの対処法は3つ有ります。

1.コチラが汚い事に慣れる事

2.お風呂に入りたいように仕向ける事

3.理論で納得して貰う事

汚い物をかたづけるのは誰しもイヤな物です。

男より女の人の方が赤ちゃんを育てている事で
ウンチなどの汚い物に対して免疫があります。

男の人も一緒に育児を手伝っている人はいない人より
抵抗が無いと思います。

お風呂に入って貰うためにどうすれば良いのか
考えて見ましょう。

お風呂サービス(入浴サービス)が有りますよね
週1回くらいで自宅に来てお年寄りをお風呂に入れて
くれるサービスです。

コレと合わせて、毎日どこかを少しずつ綺麗にするのです。

月曜日、足湯と称して、温泉の元を入れ足をマッサージしながら
    綺麗にします。膝から足の先まで爪も切ってあげましょう。

火曜日、ウンチの処理と合わせ、手早くお尻廻り、お尻から太股
    迄を綺麗にします。
    お湯の入ったバケツに温度を調節しながら拭いて上げましょう。

水曜日、背中をさすりながら背中から胸を綺麗にしましょう。

木曜日、顔を綺麗にしましょう。
    特にアカのたまる耳の裏とか出来れば耳の中も綺麗にしましょう。

このように一度で綺麗にするのではなく何回かに分けて清潔に保ち
入浴サービスと合わせて総合的に綺麗にします。

介護とはとどのつまり、頭のてっぺんからつま先までの排泄物を
綺麗にし、清潔を保ち続けて行く事です。


排泄物を考えてみて下さい。何が有りますか?
頭からふけ、目やに、鼻水、耳くそ、痰、オシッコ、ウンコ、
有りますね。沢山。

いつも綺麗にしているお年寄りを見かけたら

側に付き添いでいる介護者の時間とエネルギーが相当
注がれていると思って下さい。

人間はあっというまに汚くなるものです。

毎日お風呂に入るから気づかないだけで、もし自分が
病気になって2〜3日お風呂に入らないだけで
気持ちが悪くなり、特に歯磨きなどしない場合は
口の中が異様に不快に感じた事は有りませんか?

そのくらい汚くなるのです。

お年寄りを清潔に保つ事は汚い事に慣れいつも綺麗なら
くさい臭いもしないし、介護も楽しくなるのでは?


*感想をお寄せください。また、こんな方法もあるよ
 と言われる方は、このコメントに投稿お願いします。

 皆さんで、考えて行きましょう。

――――――――…―――――――――――――

ポチット押してくれてありがとう。これからも頑張ります。にほんブログ村 介護ブログへ


posted by ぶんねん at 19:14| Comment(8) | TrackBack(0) | 清潔編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まったくその通りのお年寄りの3Kですね(笑)
でも、理由があって出来なくて、くさくなったり、汚くなったりするんですよね。
それは、よくわかります。

究極の介護は慣れる事ということですが、今のところ自信がないのが本音ですね〜

神経質にならずに、片目をつぶりながら続けて行きますね。

お嬢様の合格おめでとうございます!!
おめでたい出来事は、身内でなくてもとてもうれしいニュースです(*^_^*)
Posted by ヴァネッサ at 2007年12月19日 16:12
ヴェネッサさん今晩は。
くさくならない内に綺麗にしなくては
と思うのは皆さん一緒だと思います。

気づくとおしめのお漏らしの匂いが
布団に付、ずっと匂いが部屋にしみこみ
イヤな匂いが充満する
身体を綺麗にしても部屋の匂いまでは
なかなか取れませんね。

気が付いて綺麗にするしか無いかな。

娘も名古屋に行く事になりました。
自分の好きな絵の方の大学です。

来年からは仕送りが二人になり大変ですが
頑張りたいと思います。
祝福ありがとう。

ぶんねん
Posted by ぶんねん at 2007年12月19日 23:28
介護老人の入浴のアドバイスを探し求めてこのブログに出会いました。
食事以外は寝てばかりいる介護度4の母です。
シャワーキャリーで家の風呂場でシャワーを浴びせますが、知らないうちに大便をしています。
出るのがわからないといいます。
時間帯を選んだりしていますが、介護一ヶ月めの私にはどう工夫をしたものか、考えあぐねています。
何か良い方法があったら教えてください。
Posted by りょんぴー at 2008年07月18日 23:29
りょんぴーさん、こんにちはご苦労されている様子が見えるようです。

介護一ヶ月ではなかなか今までの自分の時間の使い方から、介護を本格的に行う生活のリズムが変わってくることからなれなくてはいけません。

お風呂場での排泄をお困りのことですね。

まずは、これからやることは介護を受ける人の生活のリズムを作る事です。

いつまでも寝かせておくのではなく時間を決めて朝起きるところから初めていきます。

食事の時間も決めそこから排泄の時間も定期的にできるようリズムを作っていきます。

このことを基本に自分の生活のリズムもつくります。あまり無理なリズムは禁物です。

りょんぴーさんも幼少の頃お風呂で排泄をしたことはありませんか?

体が気持ちよくなると、体が脱力しおしっこが出た経験は私はありますよ。

それと同じで気持ちよいから排泄するのです。緊張していたら排泄はしません。
そこで、
1.入浴前に排泄をする癖をつける。
2.入浴前に下腹を押さえて見て張っているようならトイレに連れて行く出なければ
浴室に排泄物を入れるトレイを持参して入浴を行う。
このようにしたらどうでしょうか?

シャワーキャリーの下にネットのようなものが取り付けできるのであれば排泄物がネットに引っかかる処理する
こんな事もできるかもしれません。

浴室で排泄の後始末は大変ですがきれいになって気持ちよく生活できる介護者はきっと感謝していると思います。

がんばってください。

ぶんねん。


Posted by ぶんねん at 2008年07月19日 16:34
ぶんねんさん
アドバイスをありがとうございました。
正直、涙が出てしまうほどありがたかったです。
本日早速シャワーキャリーの下にネットのようなものを取り付ける方法をやってみようと思います。
家にきたばかりのときは「ウンチが出そう」と言っていた母ですが、すぐにわからなくなり、部屋のカーペットがウンチだらけになって私はパニックに陥ったこともありました。でも、そういうことを含めてお世話をするしかないと自分に言い聞かせました。
創意工夫を凝らしてやっていくことも大切ですよね。
またアドバイスをお願いすることもあると思います。
その時は宜しくお願いします。
Posted by りょんぴー at 2008年07月21日 10:44
りょんぴーさん、こんにちは

参考になって私もうれしいです。

これからが大変でしょうが、誰もが通る道
と割り切り楽しんで行く介護ヲ目指されたらと思います。

まだ、痴呆とまでは成っておられないみたいなので今から自分のリズムを早く作られる事が良いかと思います。

りょんぴーさんがんばれ!!

ぶんねん
Posted by ぶんねん at 2008年07月22日 15:11
こんばんは、ぶんねんさん

シャワーキャリーにネットを取り付けて浴室に連れて行った件です。
やってみた結果、排泄物はしっかり受け止めましたが、その後始末にてこずりました。
そこで、100円ショップに行き、同じ大きさの受けボール付きのザルを購入し、ゴムひもをとりつけ使用してみました。

排泄物の始末は後回しになるので、受け皿があれば置いておけます。

デイサービスに通い始め、現在は週1ですがそこで入浴サービスが受けられるので助かります。

順番待ちですが、もう少し回数を増やしていただくことになっています。

母には悪いけど、介護中心の生活をするわけにはいきません。
他にもいろいろ背負っているものもありますし、介護は生活の一部だと割り切ることにしています。
とても楽しんでは行えませんが、他の家族同様、お互いの関係の中で楽しいことを見つけられたらと思っています。

Posted by りょんぴー at 2008年08月08日 23:15
りょんぴーさん、コメントありがとうございます。
ネットを付ける、これは私からりょんぴー三へのアドバイスでしたね。

りょんぴーさんの良いところはすぐに実行し

その後の相違工夫をすることです。

これはすばらしの一言です。

ふつうの人であればネットをどのように取り付ければ良いのか?
取り付けた写真は無いのか?

1から10まで、教えてもらおうとする人が
ほとんどです。
そのくらいネットでは当たり前のようになっておりますが、・・・。

それでは進歩がありません。

やって見てダメなら、こうすれば
そんな考えをすることでコツが解り

それを他の人にアドバイスできるのです。

アドバイスをすることでコミュニケーションがとれ、自分の介護も楽になるとおもいます。

意識は楽しく、がんばってください。

こんなコメントすごく嬉しいです。

ぶんねん
Posted by ぶんねん at 2008年08月09日 17:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/71049368

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。