ポチット押してくれてありがとう。これからもより良いブログ、頑張ります。にほんブログ村 介護ブログへ

2007年12月26日

自宅介護の事故防止まとめ 【事故防止にはよくよく観察する事】

自宅介護の事故防止まとめ
【事故防止にはよくよく観察する事】
第1回目:介護する人の一番の助っ人はだれ?

介護を通じてこんな達人からのメッセージがありましたので
皆さんにお知らせします。

自宅介護をされている女性の方からのメッセージです。

仮にHさんとしますね。

Hさんは介護中でもいろんな事に興味を持ち又参加されて
いました。
ボランティア活動、PTA、お花のお稽古、普通の人が
興味を持ち生活の一部としての趣味、興味を介護をしながら
されていたそうです。

なぜ、介護という大変な仕事があるにも係わらずその様な
事が出来たのでしょうか?

介護が忙しく、そんな時間有るわけ無いじゃ無い。
そんな、声が聞こえてきます。

でも、出来たのです。なぜなら・・・・・。


Hさんは、こう考えました。
【介護は私の人生の一部に過ぎない】
一度きりの人生自分の人生は自分で決めよう
介護を言い訳にする事は止めよう。そう思ったそうです。

介護が終わったときに
「介護で一番良いときの時間を奪われた」

「自分の人生をおばあちゃんに取られた」

介護される人を恨む事になってしまいます。

Hさんはどの様にして自分の趣味、やりたい事の時間を
作ったのでしょうか?

それは、介護する人の一番の助っ人は介護される人
なのです。

おばあちゃんに「勉強したいから少しだけ外出させてね」

       「お花を生けるから外に出てくるね」

と頼むと

おばあちゃんは「わかったから、ゆっくりいっておいで」

と言ってくれたそうです。

介護をする一番の理解者は介護される人なのです。

介護をしていたら何も出来ない!

そう考える前に少しでも自分の時間が作れるよう
介護される人と会話をしてみてはどうでしょうか?
posted by ぶんねん at 19:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 事故防止編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんか自分のこと言われているようですぅ。(汗)
売り言葉に買い言葉じゃないけど…
お互いに理解しあう関係が大切ですね!

親しき仲にも礼儀あり!ってことでしょうか。

そんなこんなで…
今年も明日1日になりましたね!
いろいろとお世話になりました!
少し早いんですけど…
明日書き込み出来るか分からないんで。

来年もよろしくお願いします。
良いお年をお迎え下さい。
Posted by 健作 at 2007年12月30日 14:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。