ポチット押してくれてありがとう。これからもより良いブログ、頑張ります。にほんブログ村 介護ブログへ

2008年01月04日

年中行事や食べ物で季節を感じて貰う

認知症のお年寄りとか認知症の患者さんの介護で
必要なのが季節の変わり目を知って貰う事です。

小さいときの思い出などを季節の変わり目の催し事
季節の食べ物などで思い出して貰い認知症の症状を
改善出来る事もあります。(これ以上悪くさせない)

ひな祭りの時はおひな様を飾ると言うような大げさな事
はしないで、折り紙でおひな様を折り、ひなあられを買って
きて、一緒にお供えする。

こんな事でも、季節を感じる事が出来るとおもいます。

簡単な事で良いと思いますよ。

食べ物でも、季節の食べ物その季節にしか取れない
野菜、果物でも良いと思います。

食べる前にベットの側に飾って置いて、食事に
作って上げたり、デザートで果物を出したりと

季節感を感じる事で思い出す事も有るかと思います。

色々工夫されて見てはいかがですか?

posted by ぶんねん at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | リハビリ編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/74112333

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。