ポチット押してくれてありがとう。これからもより良いブログ、頑張ります。にほんブログ村 介護ブログへ

2008年02月13日

こんな有料老人ホームは要注意1

自宅介護をしていく中でどうしても老人ホームに

入れないといけない状態になったときアナタは

どの様に対応しますか?

公共の施設(役場)などで情報を仕入れる

近所または知人(老人ホームを使用している)の意見を聞く

等、事前にチェックする必要があります。

今回その様な人のためにこんな老人ホームは要注意と

題して、1〜7に分けてどの様にすれば

失敗しないか!じっくり読んでみて下さい。


第1回目

注意1-契約を急がせる

『もうこの部屋しか空いていませんから、早く契約しないと
入れなくなりますよ』
『他の方も見学にこられる予定ですから、急いでください』。

 そう営業マンに勧められて急いで契約したけれど、入居してみれ

ば、まだ多くの居室が空いていたということがあります。

特に病院からの退院を迫られていたり、急いで入居先を

探している家族の弱みに付け込んで、このような強引な

勧誘をする有料老人ホームは
特に要注意です。

有料老人ホームのサービスは『売れば終わり』

というものではなく、入居後から生活が始まるのです。

有料老人ホームサイドしても、入居者に豊かな生活を

送っていただくためには、家族にそのサービス内容を

理解していただき、また、入居者がそのホームでの生活に

適しているのかを把握する必要があるのですから、

わからないままに急いで契約されることは、逆にトラブルの

種をまくことになり、経営サイドとしても困るはずです。

『契約を急がせる有料老人ホーム』は、

優秀なホームである可能性は低いと考えて正解です。



タグ:老人ホーム
posted by ぶんねん at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 有料老人ホーム編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/83865123

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。