ポチット押してくれてありがとう。これからもより良いブログ、頑張ります。にほんブログ村 介護ブログへ

2008年02月16日

こんな有料老人ホームは要注意2

第2回目

注意2-事前に契約書等の書類を渡さない


『契約書等は、契約時又は、契約が決まってからお渡しします』


 見学時に契約書等の資料をもらって帰ろうとすると

そのように言われる有料老人ホームがあるようですが

契約まで契約書や管理規定等が確認できなのであれば

事前にその契約内容を確認することができないために

全く意味がありません。


有料老人ホームでは契約を巡るトラブルが多発しており

入居者や家族が大きな被害を受けるケースも少なくないため

情報開示については、非常に厳しく指導されるようになっています。

契約書等の重要書類は、そのサービス内容や価格が

記されているだけでなく、ホームでの生活の決まりごとや

手続き等が記されているのですから、ご家族やご本人にも

事前に理解していただくべきものです。

ですから事前に資料が渡せないと言うことは、サービス内容に

自信がないか、または、説明内容と違うかのどちらかです。

入居契約書・重要事項説明書・管理規定等の

『契約書類を事前に渡せない有料老人ホーム』が

優秀なホームである可能性はかなり低いと言えます。


ラベル:老人ホーム
posted by ぶんねん at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 有料老人ホーム編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。