ポチット押してくれてありがとう。これからもより良いブログ、頑張ります。にほんブログ村 介護ブログへ

2008年02月18日

こんな有料老人ホームは要注意4

第4回目

注意4-有料老人ホームの届出をしていない


老人福祉法の中で『有料老人ホームを設置するものは

あらかじめその施設を設置しようとする地の都道府県知事

届け出なければならない』ということになっています。


これまでは、この届け出に対して、行政側も厳しく指導

していなかったのですが、有料老人ホームの増加やトラブル

増加に伴い、最近ではその届け出義務を強化しています。


この届け出を行わずに運営を行っている有料老人ホームを

『類似施設』と呼んでいますが、有料老人ホームの多様化により

その定義にあてはまらないホームも多かったのですが

その定義規定は変更される予定で、全ての類似施設が

届け出を行うように指導しています。


また、届け出を行った有料老人ホームには、必要な報告や

必要な調査、また今後は立入調査等も行われることに

なりますから、この届け出が行われていることは

入居者にとっても安心の一つだといえます。


 有料老人ホーム経営に、届け出は不可欠となりますから

今後は『届け出を行っていない有料老人ホーム』が

優秀なホームである可能性はかなり低いと言えます。


ラベル:老人ホーム
posted by ぶんねん at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 有料老人ホーム編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。