ポチット押してくれてありがとう。これからもより良いブログ、頑張ります。にほんブログ村 介護ブログへ

2008年09月07日

介護食を考える

介護食を考える

介護食と位置つけて作る食事ほどおもしろみの無い食事になりませんか?

健常者の時は何も気にしないでいろんな食べ物を口にしました。

血糖値が高くなると、糖分を控えめに、塩分も少なくと

味付けに必要なモノが使われないため、インパクトの少ない

味付けの食事になります。


私の家でもお米と野菜は自家栽培です。それも無農薬

お米の収穫時期になっていますが、雀がたべ

小さい、ウンカ、などの作物を枯らす病害虫が付いても農薬は

つかいません。

野菜もキャベツなどは青虫が葉っぱを食べトウモロコシも

やおく美味しいところは虫に食べられています。

そんな野菜、お米だからこそ安全に食べられるのだとおもいます。

そんな野菜、お米の周りには雑草も生え放題、これが問題

今の時期はとってもとってもキリが無いぐらい生え放題です。

介護食も食の安全面から自宅で栽培できないのであれば

農家と提携して無農薬野菜の栽培をしてもらうなんて事も大事ですね。

その中から、口にあう、季節の野菜のおかずとか、

工夫を凝らした簡単なデザートなんかも喜ばれるのでは?

介護食と決めつけずにカロリーを考え、体に良い食事を

心がけてはどうでしょうか?

そして、黙って運ぶのではなく、声をかけながら

コミュニケーションをとり、食事をしましょう。

そうすれば、食欲も湧き十分な食事ができるとかんがえます。

楽天ブックスに介護食の本がありました。

この本の【内容情報】です。

「おいしい!きれい!食べやすい!」にこだわった和食を中心に約200レシピ。和食の料理人、稲葉恭二さんの“プロのワザ”を一挙公開します!

レシピは1人分。作りすぎず、食材のロスが防げます。

そしゃくや嚥下機能、誤嚥を防ぐ調理法と食べ方など、一人ひとりに合ったおいしい介護食を作るためのポイントを紹介。

大きな文字とイラストでわかりやすく解説しています。


稲葉恭二(イナバキョウジ)
調理師。専門調理師。香川栄養専門学校客員教員(日本料理担当)。日本料理「つきぢ田村」を経て、料亭旅館「強羅花壇」取締役総料理長を務める。その後、有限会社エピキュアズを設立。料理人のかたわら、飲食店、旅館、食品製造会社などのコンサルティングでも活躍。介護食士1級(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

【画像をクリックすると詳しくみれます】


posted by ぶんねん at 00:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 食生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

お餅が大好物。上手に食べさせる方法はないの?

お餅が大好物。上手に食べさせる方法はないの?

お年寄りはいくつになってもお餅がすきです。

そういう私の両親も好きで白玉団子に小豆+アイスクリームが

好きで良く食べています。

豆餅も冷凍にして、時々食べていますが年なので

のどにつかえないかしんぱいです。

そこで、お餅を詰まらせないために、

ノドにつかえない程度の大きさの白玉だんごを

差し上げてはいかがでしょうか。

小豆や納豆をすりつぶすなど、からめる具に気を使うと、

お年よりにもおいしく食べてもらえます。

きなこはむせることが多いので、避けた方が無難です。

万一ノドにつかえた場合は口を大きく開かせ、

指を舌の付け根に差し入れて嘔吐させながらかき出してください。

掃除機で吸いだすというのも案外効果的です。

息も咳もできないほど苦しそうな時は、大至急119番してください。

安全に楽しく食べるよう心がけてください。
posted by ぶんねん at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 食生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

食が細くて困っています。なにか良い方法はないの?

食が細くて困っています。なにか良い方法はないの?

あなたの介護されているお年寄りは食が進まず

心配ではありませんか?

夏場になると誰でも消化器機関は無理が生じあまり食事が

ほしく亡くなります。


老人は消化器官の衰えや運動不足からいっそう食欲が無くなりがちです。

そこで効果的なのが香辛料。

食欲増進につながるため、医師に相談して少量用いるとよいでしょう。

生姜は血行をよくしたり、胡椒は消化を助けるなど、

体に良い面もあります。柑橘類や酢を程よく用いるのも

味付けに変化が出て喜ばれます。

また、食事とは単に食物を摂取するというものではなく、

味や雰囲気を楽しむもの。

外へ連れ出して空気や雰囲気をリフレッシュするのも、良い気分転換に

なり、効果的です。

食事だけでなくそれを取り巻く環境から考えてみましょう。
posted by ぶんねん at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 食生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

大切なのは楽しく食べる事 3

介護の達人からのコメント第三回

*手抜きで最大の効果を出す。

第三のポイントは”最小限の手間で最大限の効果を出す”
事です。

簡単に言えば手抜きをすることです。

幸いウチの姑は何でもたべれたので朝は
子供達のお弁当の残りで充分。

でも、一品欲しいと言うときはおみそ汁を
作るときに、小さめに切ったジャガイモを
一緒に入れて茹でてしまいました。

その後でジャガイモを取り出し、塩を少し
ふって青のりでもかければ立派なおかずの
できあがり。
毎食毎食、料理に手間ヒマかけるのも素晴らしい
事ですが、手抜き料理に演出を加えて
楽しく食べて貰うのも、介護を楽にする
一つのコツだと思うのです。

それから、お年寄りの体調はコロコロ変わるもの。
「食べたくない」と言われたとき
{せっかくつくったのに}と嘆くより

食べたくない理由を考える。
そんな余裕を持つ事も大切です。
posted by ぶんねん at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 食生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月16日

大切なのは楽しく食べる事 2

介護の達人からのコメント第二回です。

*目にもご馳走をあげる。

第二のポイントは”目にもご馳走を上げる”
こと。
つまり目で見て、美味しそうだと思わせる
工夫をする。と言う事です。


私が楽しんで作っていたのがミニ懐石。

手製のお皿に一口に丸めたおにぎり
食べやすい大きさに切ったはんぺんのシソ巻
卵焼き、トマトなどを並べ、庭に咲いている花
や葉を彩りよく添える。

こうすれば、特別に手をかけた料理はなくても
美味しそうに見え、楽しく箸を進められるでしょう。

さらに、もっと手を加えるのなら
フルコースと言う手もあります。

テーブルの上に今日のメニューのお品書きを
書いておきます。
まず、「かき玉汁でございます」
と言って汁物を出し喉を潤って貰ってから
ご飯、煮物、青菜のおひたしと出していけば
チョットした料亭気分。

さらにゆっくりと食べると言う流れも出来て
むせたり、つかえたりを予防できるのです。


おやつも工夫次第。
いちごに白いヨーグルトをかければ、
赤と白のコントラストが綺麗な一品
食欲をそそりますし、お饅頭一個で
物足り無くても5つか6つに切って
お皿に盛ればボリューム感も出ます。

一切れずつ口に入れれば使える心配もなくなります。

外に出られないお年寄りがいる家庭ならば
外の景色を家の中に持って入ると言う工夫を
すれば・・。
食卓に小さな自然春なら、口の広い透明なボールに
水をはり、その中にメダカをいれます。
花や、葉を浮かべて小さな池をつくるのです。

その池に和菓子を入れた水に浮く小さなお皿

それを見ただけで、ビックリする事でしょう。

「今度は、どの様な事を考えてビックリさせよう?」

介護するときは、こういった遊び心やユーモアが
有ると、介護する方もされる方も楽しいとおもいます。
posted by ぶんねん at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 食生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月15日

大切なのは楽しく食べる事

今回で食生活編のまとめをしたいと思います。
続けて3回ポイントを絞りコメントしたいと思います。
楽しみにして下さい。

介護の達人からのコメントです。三つポイントがあります。

第一ポイント
*心地よく食べれるような演出を

食べる事は人間、特にお年寄りにとって
大きな楽しみの一つです。

ところがどんな豪華なメニューでも、
お年寄りの部屋に運んでいき
黙っておいていく、コレではタダの食物
になってしまいます。

大切なのは楽しく食べる事。

その為には、”その人が心地よく食べれるように演出する”
のが、第一のポイントではないかとおもいます。

私の姑は、人生の大半を農作業におわれて
生きてきた人生の人でした。

きっと、食事を楽しむ事もなく、早くすませる
そんな習慣がしみついていたのでしょう。

介護されるようになっても、急いでかき込む
様に食べるので、食べ物が喉に詰まる事が
よくありました。

そこで、私は、まず
「おばあちゃん、もう畑仕事はないんだから。
 ゆっくり食べていいよ」
と相手の気持ちになることから始めたのです。

また、朝はバタバタしているので、
私たちが朝食を摂るのは、家族が出かけて
静かになってから。

そうすると、姑も自分のペースで食べる
事ができましたし、私も落ち着いて姑と
向き合う事が出来ました。

家族と一緒に食べたいと考える人もいれば
自分が食べているところを見られたくない人
もいます。

その人が、どうすれば楽しく食事が出来るか
美味しく食べられるのか。

それを知るには共通の時間を持って
よく話し、相手の生き方を理解する。


介護を成功させる近道は
【根気よく、コミュニケーションを取ること】
しか無いのです。
posted by ぶんねん at 20:42| Comment(3) | TrackBack(0) | 食生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

料理中の介護はひも付きタイマーで

脳溢血で倒れたご家族のはなしです。


脳溢血で倒れ、片マヒの残った父と同居
しています。

父は煮物が好きで良く作るのですが
途中で父に呼ばれて世話をしていると
つい、料理をしている事を忘れてしまいます。

おかげで、いくつ鍋を真っ黒にしたか
解りません。

そこで、タイマーにヒモを付け
首からぶら下げておくようにしたら、

大成功!!

このタイマーを使う様になって以来
我が家のお鍋は無事。

ただし、なったときにビックリしないよう
音量は最小にした方が良いですよ。

タイマーは料理の時は勿論ですが、
洗濯、お風呂の湯を入れているとき
等にも使えます。

タイマーの使い道を考えるのも
楽しいかも。
posted by ぶんねん at 20:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 食生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

小さな茶碗で食べ過ぎ防止

認知症のお爺さんの話です。

食事を終えたばかりのお爺さんが

「メシはまだか!」

と繰り返す認知症のお爺さん。

「いま、食べたでしょ」

と言っても納得しないので茶碗を小振りに替えました。

「腹が減った!」

言われたら、ご飯を少なめによそって出す事にしました。

少しでも食べればお爺さんも満足し、おとなしくなって
くれます。


【アドバイス】
 コレは認知症の初期段階です。
 もっとすすむと脳が萎縮し、食べ物を食べ物と
 して認識出来なくなります。
 食べたがるときは少しずつ食べさせて
 気が済むようにするしかありません。
posted by ぶんねん at 18:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 食生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

食べる事は生きる事に繋がる

老人介護では食べる事が1日の楽しみの時間でも有ります。

介護をする前は普通の様にあそこに美味しいお店が出来た
と聞くと友達と一緒にお食事会。

家族と一緒に誕生日会、結婚記念日
外食は一つのセレモニーでもあり、記念日でも有りました。

介護をされる様になると、外食も出来なくなり、
家での食事が主になって来ます。

毎日の食事、作る方は大変ですが、食べる本人も
楽しい時間を過ごす時でも有ります。

ここで、毎日家での食事も大切ですが、
外食も考えて見てはどうでしょうか

介護の前は楽しく外食、家では食べれない美味し食事
楽しい時間、今、介護を受けていても忘れられない時間です。

そんな楽しい時間を又与えて上げる事は出来ないものでしょうか?

外食の時は楽しい時を過ごす中でメニューを見て
アレでもない、これでもないコチラの方が美味しそう
と食べる物を頼む楽しい時間に違い有りません。

そう、私がそうなんですから。

家での介護、外食を体験出来ないものか?
メニューを家で見ながら注文し出前が出来ないものか?

そう考えると、近くのラーメン屋、お蕎麦屋、寿司屋
ファーストフード店、等、出前の出来るお店がいくつか
考えられます。
そのお店からメニュウーを頂き、自分で特別外食メニューを
作って見てはどうでしょう。

そのメニューで注文を取り、出前で外食体験
考えただけでもお年寄りの喜ぶ顔が目に浮かびます。

美味しそうに食べる姿、笑い顔、
かけがえのない時間です。

お年寄りの嬉しい笑顔を毎日でもみたいですね。
posted by ぶんねん at 18:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 食生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月09日

自宅介護でもファミレスならゆっくり食事ができる。

足の不自由な介護者、家から出るときは車椅子が必要です。

そんな、車椅子の必要な人も家から出ての楽しみは
ショッピング、食事などだと思います。

今のファミリーレストランは車で乗り付けても
入口がスロープになっているし、室内も広く
テーブルの間隔も広く車椅子でも楽に通れます。

介護をする人も楽に連れていける場所だと思います。
平日の遅めのランチなら人も少なく、ゆっくり食事が
取れます。店員さんも親切で感じ良く食事が出来ます。

介護する人も食事を作る事から開放され良いストレス解消に
なります。
また、かえりにはバリアフリーの大型店舗で買い物
楽しく1日が過ごせますね。

外で、食事をする事でお年寄りにとっては良い刺激に
なります。色々なメニューからどれにしようか?
と迷うのも楽しい物です。
posted by ぶんねん at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月08日

舌苔はパイナップルで取れる

アナタの舌には舌苔がありませんか?

舌苔は口臭の原因の一つです。

ほっておけば口臭がひどくなり、介護をして頂く人
にも迷惑だし、一番近くで支えてくれる
人に気分良くして貰え無くなります。

そこで舌苔を取る方法をお教えします。

簡単な方法なので是非挑戦してみて下さい。

では、パイナップルの缶詰でも
生でもかまいません。
生なら皮をむき、1センチ巾で切ります。
わっかになっているパイナップルを8等分します。

その一つを一日2〜3時間事に3〜5分かみます。
かんだ、カスは捨てて下さい。
これを3日ぐらい続けると綺麗になります。

そのほかにも、緑茶が効くという人もいます。

緑茶ですが、割り箸にガーゼを巻、
そのガーゼに緑茶を浸し舌をなでる様に
すると舌苔が綺麗になるそうです。

【アドバイス】
 白い舌苔は病気ではありません。
 黄色の舌苔も薬のせいです。

 気を付けなければいけないのが茶色、黒
 の舌苔が付いた時です。
 身体の抵抗力が無くなり舌にカビが
 生えた可能性があるのですぐに病院で
 検査して貰いましょう。
posted by ぶんねん at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 食生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

食前のレモン水で食欲増進

食事の前にうがいをすると口の中が
気持ちよくスッキリした経験はありませんか?

食事の前のお冷やを少し飲む事で喉に引っかからず
食べた経験はありませんか?

私の知っているお年寄りのおばあさんで
食事前にレモン水でうがいをして食事を
しています。

不思議に思い聞いて見ると
前は、普通のお水でうがいをして食事をしていたのですが
ひょんな事でレモン水でうがいをしたら
口の中が、好きっきりして気持ちが良かったので
それからは食事のまえはレモン水でうがい
をして食事をしているとの事でした。

レモンは酸っぱいので多少食欲増進の働きが
あるのでしょう。
酸っぱいからと言って砂糖を入れてはダメです。
食事の前に甘い物を口に入れると食欲が押さえられ
てしまいます。
食欲増進には
少量のお酒、梅酒一口、ビールコップ1杯ぐらいが適量です。
posted by ぶんねん at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 食生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

マヒのある人には小さくした食べ物で

マヒをしているお年寄りは箸とかホークで食べる事が
難しい事が日常でも沢山あります。

普通の食事を出すと残す事も多く、ヤハリ
手が不自由なのが持って食べる事に
疲れる見たいです。

そこで一口サイズのおにぎりが一番です。
これなら不自由な手でも自分で持って食べています。

目先を変える事で食事も楽しく残さず食べてくれます。

果物を出すときも、種なしブドウとか、食べやすい
大きさに切ったメロン、皮をむいたオレンジなど

自分で選んで食べれる様にすればもっと楽しく
食事が出来るのでは無いでしょうか?
posted by ぶんねん at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 食生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

一品だけでも普通の味付けで

お年寄りには塩分は大敵です。
高血圧のお年寄りには塩分控えめな献立で
食事を作っています。

ある時、「こんな味の無いものは食べる気がしない」
と言うのです。
味の薄い食事では食べても美味しくありません。
そこで、
一品だけ普通の味付けのおかずを入れて出しています。

すると、そのおかずに釣られて他のおかずも
食べてくれるようになりました。

ホント、安心しました。

減塩メニューだけでは食が進まないので
あまり神経質になって調理をしない方が
作る方も気が楽になりますよ。

試して見てはどうでしょうか?
posted by ぶんねん at 00:01| 食生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

ミキサー食は凍らせて食べると美味しい

ミキサー食の保存方法を前回お知らせしました。

今回はその続きでミキサー食は凍らせて食べると
美味しい!
と言う事です。
何でもと言う訳にはいきません。
スープ、等をシャーベット状にすると冷たくて
美味しく頂けます。

水分補給の為に緑茶、麦茶、ジュースを
凍らせて飲んで貰うのも良い方法です。

ニンジンやジャガイモなどは
凍らせると舌触りが悪くなったり
ビタミンが壊れる物もあるので
注意が必要です。

ちなみに私はバナナをサランラップで包んで
凍らせて食べています。
シャーベットまではいきませんが中が適度に
氷、口当たりも良く夏場の暑い時の
おやつに最適です。
簡単で安く美味しい一品です。
posted by ぶんねん at 00:26| 食生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

刻んだり、つぶしたりは本人の前で

老人介護での食事、かむ力が無い人の為に
食事を刻んだり、つぶしたりして出す事が
あります。

見た目に汚く見え食欲も落ちますよね。

そうゆう時は本人の目の前で
作って有る食事をつぶしたり、刻んだり
する事で食欲を出させる効果があります。

最初から汚らしい物は食べるのも抵抗
ありますよね。

味は美味しいけど見た目に悪い食事
少しでも美味しく食べて頂きたい物です。

飾り付けを施したり器を替える事で
食欲も増進します。

【アドバイス】
 緑の野菜はすりつぶしがしにくいので
ベビーフードを使うと良いでしょう。
また、卵焼きや豆腐の上にソースとして
かけると、彩りも良く綺麗になります。
posted by ぶんねん at 23:04| 食生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

ミキサー食は凍らして保存

介護食の中でミキサー食があります。
文字通りミキサーで食べ物を細かくし
流動食と呼べば良いのでしょうか?
そんな食事の事をミキサー食といいます。

ミキサー食は一度に沢山作る事がありませんが
いざ少し作るとなると、手の込んだ料理になります。

時間の無い時はホント困る食事です。

そこでどうせ作るなら沢山作り保存すれば
良いのでは?
と言う事で今回ミキサー食を沢山作り
その保存方法を教えたいと思います。

まず、ミキサー食を作ります。
作ったミキサー食を冷凍庫の中にある
製氷器の中に入れます。
製氷器が1つしか無い場合は
100円ショップでも売っていますので
買い足して下さい。
その時に冷凍保存用のビニール袋も購入
して下さいね。
製氷器で冷やしたミキサー食を
保存用に買ったビニール袋に入れます。
注意点は
ビニール袋に食品名と製作日時を
必ず記入して下さい。

これで、できあがりです。簡単でしょう?

【アドバイス】
 ミキサー食に替わる物として
 チューブ栄養用の径管栄養剤やホエイプロテイン
 (プロテインより粒が細かく溶けやすく吸収が早い)
 等の栄養補助食品があります。
 簡単に不足しがちな鉄分、繊維質、ビタミンが取れ
 家族の負担も少なくなるのでお勧めです。
posted by ぶんねん at 23:18| 食生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食事を飲み込み安くする方法

お年寄りになると食事の時に喉に詰まらせる
事が頻繁におきてきます。
それはしょうが無いのですが、一緒に食事を
取っている人は何時喉に引っかかるか心配で
自分の食事(唯一のくつろぎの時間)もゆっくり
出来ません。

そこで、ホームヘルパーさんから良い事を聞きました。
それは食事の前の簡単な体操です。

座ったままで出来るので一度試してみて下さい。

方法

1.腕を頭の上に上げる気持ちで大きく
  深呼吸をする。5回

2.肩の力を抜いて上下に大きく上げ下げする。

3.舌をベーと前に突き出す

以上3点です。
簡単なので最初は一緒にやって見ましょう。

ちゃんと飲み込める様に成ればアナタも楽しい
食事の時間が取れると思います。
是非、お試しあれ。

【アドバイス】
 食事の時に背中が曲がっている人を見かけますが
背中を真っ直ぐにすることで上手に飲み込める
様に成ります。
posted by ぶんねん at 11:34| 食生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

固いお煎餅の食べ方は?

老人介護の中で楽しみな事、食事ですよね。

食べる事は次に生きる事に繋がります。

お年寄りの方はお煎餅とかおまんじゅうモナカ
等、固い物、喉を通り難い物が好きですね。

でも、あごの弱ったお年寄りがお煎餅を食べている
のを見た事がありますか?
お煎餅をくわえてふやかしながら食べています。
なかなか食べれていませんね。

ココでアドバイス
お茶などに浸す事で簡単に柔らかくなり食べやすくなります。
あまり浸すとお煎餅の美味しさが逃げるので手加減は必要です。

モナカはお湯の中に入れ溶かすと何とお汁粉に変身です。

どちらも美味しく頂けるのですが梅干し少し入れる事で
味が引き立ちもっと美味しく頂けます。

【アドバイス】
 あごの弱い老人の食事では
マグロのお刺身はトロロをかけて山かけにする。

果物は小さく切りヨーグルトと和える

パンは焼かないでフレンチトーストにする。

焼き魚より煮魚

ジャガイモ、サツマイモはつぶして牛乳や生クリーム 
を加えペースト状にする。

おみそ汁の替わりにクリームスープにする
posted by ぶんねん at 20:21| 食生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

お年寄りの水分補給の方法

お年寄りの水分補給のお話しです。

夜水分を取るとトイレに行きたくなり
お茶やお水を飲まない人がいます。

それでは身体に悪いですよね。

水分補給は水やお茶だけで取る必要が
無いのです。
おみそ汁、スープを食事に付けるとか
おやつの時にヨーグルト、果物、ぜりー
も水分補給出来る食べ物の一つです。

ココでお勧めなのがゼリーとプリンです。
あごの動きが難しい老人でも
ツルッと飲み込む事ができ、簡単に水分が
摂取出来ます。

ゼリーの中でお年寄りに一番人気は
なんと(紅茶ゼリー)です。
糖分が気になる方は麦茶ゼリーでもOKです。

【アドバイス】
 紅茶ゼリーの作り方。
材料:メイトーレモンティ粉・・・・50g
   粉ゼラチン・・・・・・・・・15g

作り方

1.60ccの水に粉ゼラチンを入れふやかせる

2.鍋に500ccの湯を沸かしレモンティ粉50gを入れる。

3.鍋に粉ゼラチンを入れ溶けたら火から下ろし
  あら熱を取る。(さませます)

4.清潔な容器に入れ、さめた段階で冷蔵庫に入れ
  冷やします。

  使い捨ての可愛い紙容器でも良いし、大きさを
  考えあまり大きく無い容器を用意しましょう。
posted by ぶんねん at 20:03| 食生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。