ポチット押してくれてありがとう。これからもより良いブログ、頑張ります。にほんブログ村 介護ブログへ

2007年11月28日

自分で着れるなら着て貰いましょう。

第四回目:自分で着れるなら着て貰いましょう。

今回で最後ですが、コレは深い意味があります。

最後までお読みください。

身体が不自由だがまだまだ、元気で自分事は何とか出来る

そんなお年寄りの話です。

介護、介して、養護する。

出来ない事を手助けして生活出来るよう支援する

何でもかんでも手伝うのと意味が違います。

介護で大切な事は自分で出来る事は自分でして貰い

それが出来たときは【誉めてあげる】コレが大切です。

忍耐が必要な事がしばしば有ります。

服を着て貰う、ボタンがかけにくいが何とか出来そう。

そんな場合は出来るまで気長に待ちましょう。

出来たら、誉めてあげて下さい。「良くできたね。スゴイね」

何もしないでお年寄りが着替えるのをまつのはかなりの
忍耐力が必要です。

でも、かけにくいボタンを掛けるのも、上がらないファスナーを
あげるのも、リハビリの一環なのです。

また、何より自分一人で出来たと言う自信にもつながります。

そんな事が解ってするので有れば
『愛、有るアイディア』では無いでしょうか。

介護する側、される側の笑顔は本物になるでしょう。

*優しさは二通りあります。

一つは出来ないからと言ってすぐに手を貸す=表面的な優しさ

二つ目は出来るまで待つ=深い優しさ

二通りの優しさが有りますが二つ目の優しさが介護には求められる

優しさでは無いでしょうか?

優しさを使い分け出来るようになれば介護の達人になれますよ。
posted by ぶんねん at 21:09| Comment(12) | TrackBack(0) | 衣類編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

脱いだり着たりは簡単が一番

第三回目:脱いだり着たりは簡単が一番

皆さんは『洋服の足し算、引き算が簡単に出来る』

こんな事を聞いた事が有りませんか?

私もつい最近しりました。

この意味ですが、暑くなったらすぐ脱げる、寒くなったらすぐ着れる

と言う意味だそうです。

簡単に着れたり、脱いだり出来る物これが一番良いという事なのです。
例を挙げて説明します。

古いハイソックスで作ったレッグウオーマー

レッグウオーマーだけの使い道ではなく

寒いとき肘に付けたり、また、膝に付けたりと

使い道は一通りでは有りません。

靴下自体が古くユルユルになっているので付けていても楽です。

暖かくなったらすぐはずせるのも便利です。

膝掛けをすれば?と思うでしょうが

膝掛けは結構、すうすうして足は冷たいです。
そして、ずり落ちます。

あまり実用的では有りません。

お年寄りが身につける物は見かけより実用、

機能を優先させた物が良いのではと考えます。


posted by ぶんねん at 20:40| Comment(6) | TrackBack(0) | 衣類編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

第二回目:オシャレをしたら、うんと誉めてあげてね

第二回目:オシャレをしたら、うんと誉めてあげてね

今では古着と言えば別の良い意味でのオシャレにつながります。

古着のジーパンなんかでは1着で何万円もする物さえあります。

古い着物を仕立て直して洋服として着ている人も見かけます。

そのくらい古着は親しみを持って生活の一部として活躍しています。

介護の分野でも一緒です。


古着は着やすく汚れても気にならない破ければ捨てればいい。

古着も着こなしでいくらでもオシャレに見えます。

古着の上にベストを羽織るとか、帽子、マフラーを合わせるとか

ほんと、ステキに変身できます。

おばあさんが古着を着てオシャレにしたときは

「ワァ ステキ!にあってる」
と褒めちぎりましょう。

編み物の上手なおばあさんで有れば編んだものを誉めてあげましょう。

帽子を編んでかぶっているのを見かければ

「その帽子、おばあちゃんが編んだの?かわいい!」

こんな感じで誉めてあげて下さい。

誉められて、悪い気がする人はいません。

誉め言葉は”言葉のご馳走”

しかも、お金はかからず、いくら使ってもタダです。

このご馳走は出し惜しみしない方がいいですよ。

posted by ぶんねん at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 衣類編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

”本当に着心地が良い服”を考える

衣類のコツに関して今回から4回に分けてまとめて見ました。

介護の達人からのコメント

”本当に着心地が良い服”を考える

1回目:着やすくてすぐ洗える、それが一番
姑が我が家にやって来たのが一年前、の秋の事です。

何も持たず着の身着のままでやってきました。

娘が来ていたお古の中から気に入ったものを来て貰っていました。

お古の利点は洗濯が聞いている事で柔らかく着こごちが良い事

食事の時に食べこぼして汚しても気にならないところです。


(ここが肝心です)

お年寄りの服は簡単に洗える、それが一番だと思います。

中には「お古なんてみっともない、かわいそうだ」
と言う人もいるかも知れません。

そこで、考えてみて下さい。

効果で新しく綺麗な服を買って来ました。

洗濯などしていないので来こごちは良くありません。

そんな、服を来て介護をしていると思って下さい。

介護をされるお年寄りには食べこぼし、お漏らしは付き物です。

もし新しく、高価な服などにお漏らしされたらつい、カッとなって

「この服買ったばかりで、いくらしたとおもってるの!」
と怒鳴り散らす、なんて事になりかねません。

「高い服を買ってあげた。だからおばあちゃんは嬉しいだろう」

というのはホント身勝手な自己満足しか有りません。

本当に着心地がいいのはどんな服だろう?

お年寄りの身になって考えて欲しいと思います。
posted by ぶんねん at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 衣類編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月23日

ペアルックで散歩が今以上にたのしくなる

老人介護の中での夫婦二人のケースです。

お爺さんが脳溢血で倒れ、おばあさんが介護をしているケースです。

はじめは不自由な体を人に見られたくない一心で
お爺さんは家から外に出ようとしませんでした。

おばあさんも、最初は良かったのですが一日中家で
お爺さんの面倒を見ていると気が滅入り買い物の時とか
外に出て気晴らしをしていました。

ずっと家にいると煮詰まって来ますよね。
(おばあさん、大変です)

ある時おばあさんが勇気を出してお爺さんを外に連れ出しました。

たまたま寒くて同じ色のマフラーを付けていたところ

「おにあいですよ!」と声をかけてもらいました。

それがきっかけで、散歩の時には同じ色のペアルックで散歩を
楽しんで居られるそうです。

チョットした事がきっかけで散歩も楽しくなり
散歩をする事でストレスも無くなり、人と話をする事で
気分転換もできます。

恥ずかしいと感じるかも知れませんが、簡単なところから
初めてはどうでしょうか?

posted by ぶんねん at 22:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 衣類編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

初期の認知症を進行させないようにするには

初期の認知症ではまだ、昔の記憶を思い出す事がよくあります。

ストレスが続くと認知症も普通より早い速度で進行します。

その様にならない様に、普段からのコミュニケーションが大切に
なってきます。

それと昔から使っている小物、洋服、写真など
記憶に残る(強烈に残る物)が昔の記憶を呼び起こし
認知症の進行を弱めてくれる働きが有るそうです。

認知症には毎日、楽しく過ごすことが一番の薬です。

なかなか、ずっと相手をする事は難しいと思います。
家での仕事の中で草取りとか簡単な事をして貰い。

家で無くてはならないんだよ。と言ってあげれば
精神的に安定しストレスも少なくなります。
posted by ぶんねん at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 衣類編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

徘徊するお年寄りには衣服に名前を付ける

お年寄りの中には徘徊癖のお年寄りがいます。

今まで、ここでひなたぼっこしてたのに・・・
あわてて、近所を探してみると

近所の公園のベンチに座っていた
そんな事が頻繁に起こります。

近くにいれば良いのですが電車に乗ったり
バスに乗ったりと自宅からかなり離れたところまで
行ってしまうと気が気ではありません。

そういうときは、服の後ろの襟元に
住所・名前・電話番号を書いた布を縫いつけるのです。

本人には見えませんが他人からは良く見える位置です。

胸元より良いと思います。

【アドバイス】

 徘徊するお年寄りには目に付きやすい色
 
 帽子は赤、ベストは黄色など。

 警察で捜索する事があるかも知れないので
 最近の顔写真、その日の服装をメモしておく事も肝心です。

posted by ぶんねん at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 衣類編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月19日

男性では女性の服は選びにくい

高齢者の母親と二人暮らしの男性の話です。

お母さんには動きやすい様スエットの上下を
着せていたのです。

ある日、デイケアから帰って来ると

ボランティアに来ていた人に「おじいちゃん」と呼ばれた
ションボリ。

よく見てみると、地味な色合いの服を選び着せていた自分に
気が付きました。

よかれと思ってしていた事が母親には逆効果だったのです。

それからは、ヘルパーさん(女性です)に頼んで
お母さん用の衣類や下着を買ってきて貰いました。

サイズも好みもピッタリで母も嬉しそう。

女性の服は同じ女性に選んで貰った方が良いですね。

【アドバイス】

 独身の男性が一人で母親の面倒を見るケースが増えています。

 今回の件では息子さんが家でいるとき気安いだろうと思い
 買ってきたトレーナーとスエットシャツでしたが、
 トレーナーは腕が通し難く、色も地味な色が多く見られます。

 女性の洋服の買い物はヘルパーさんや親戚の女性にお願いし
 てはどうでしょう?
 特に下着は自分で購入しにいくのは恥ずかしいものです。
 自分でいかなければならないときは売り場の人に
 自分のお母さんの下着を買いに来たのでと頼むのも良いでしょう。

 ヤハリ一番は女性に頼んで買ってきて貰う
 コレが良いとおもいます。
posted by ぶんねん at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 衣類編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月08日

おばあさんの気持ちを和ませた色とは

今日はについて考えて見ました。

明るい色暗い色
暖かい色冷たい色

色には表情があります。

お葬式の時は黒、
黒は落ち着き、精神的安定を与えます。

闘牛は赤
赤は興奮の色、精神的興奮状態にします。

色は着ている服とか持ち物にもその人の
精神的な一面を見る事が出来ます。

なぜ、今更?とお思いでしょう。
私の娘が今年受験生、今日発表があり
見事合格、今までの苦労が実を結びました。

娘の受験は美大です。デッサンから色つけ
模型までも勉強をしてきました。

その中で色そのものが精神的に与える事の
重要さを認識したのです。


お年寄りに明るい色、それも暖色系の服を着て
貰うと気分も明るくなります。

良くおばあさんが、赤い色、ピンク系
等を好んで着る人がいますよねそんな
おばあさんはは精神的にも若いですよ。

それと違い、グレー、茶色などを着る人は
若さが感じられません。

お年寄りに派手な色を勧める訳ではありませんが
明るい色で暖色系の服を買って上げれば
喜んで貰えるのではないでしょうか?

みんなで、良く似合うよと言って上げれば
そのきになって着てくれますよ。

色って介護をする上で大切な要素の一つです。

PS.アナタがホットする、なごむ、気分転換出来る
   事を教えて下さい。より良いブログ作りに
   参考にさせて頂きます。

   日記カテゴリーに書き込みが有ります。
   そちらも読んで頂ければ嬉です。

   宜しくお願いします。
posted by ぶんねん at 00:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 衣類編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

洋服の後ろ前を解りやすくする方法

老人は白内障を患って要る方、色弱になって要る方
など、目の不自由な方が沢山いらっしゃいます。

目の不自由な方の事を昨日晩考えさせられました。
その時の事をお話しします。

夜眠っていたときの事です。
疲れ果てて服も着替えずに床に入り寝付いたときの事です。
雨で目が覚め、大粒の雨が屋根をたたいて時折
雷が鳴っているでは有りませんか。

起きたついでに着替えようと電気のヒモを引っ張っても
蛍光灯はつきません。真っ暗闇です。
近くに有る、タンスから下着と着替えのパジャマを出し
いざ、着ようとするのですが前後ろが解りません。
手で、探ってもシャツの襟元のタグがあるのを見つけ
これが後ろとシャツは着る事が出来ました。

お年寄りの目の不自由な人もこれと同じ状態なのかも
そう感じて、良い事を思いついたのです。

シャツのタグと同じ様な物を服に付ければ良いのでは
タグはみっともないのでその代わりにズボンの前に
飾りのヒモを付けるとか、シャツの前に飾りボタンを
付けるとか、色々工夫すれば可愛く、それなりに見えるのです。

今まで着ていた服も感じが替わり良いと思います。
きっと、お年寄りの人にも受け入れて貰えると思います。
posted by ぶんねん at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 衣類編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月28日

要らないレインコートで食事用エプロンを

上手に食事が出来なくなったお年寄りには
割烹着スタイルのエプロンが便利です。

市販の防水加工された物も良いのですが、
家で眠っているレインコート、ウインドブレーカーなど
で代用出来るのです。

ボタンやファスナーが邪魔なときは後ろを前にして
逆にすることで使いやすくなります。
袖が長ければカットして、廻りを縫っておくとさらに
使いやすくなります。

近所の方に声を掛ければ結構使って居られない
レインコートなど貰えるかも知れません。

男物のワイシャツを逆にきる事でも代用出来ます。
posted by ぶんねん at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 衣類編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

老人ホームではネームテープが主流?

老人ホーム、特別介護施設などに入所する場合
持ち物に名前を書かなければいけません。

特に服とか、下着、洗濯が必要な物は必ずと言って
良いくらい名前を書いていないといけません。

洗濯したりして名前が無いと誰の物か解らなく
なるからです。

今までは直接マジックで名前を書いていましたが
今では簡単に綺麗に名前を書く事が出来るのです。

それが、記名用のテープです。
適当な大きさに切り、上からアイロンを当てるだけの
手軽さです。
目の細かいタオルなんかも此のテープで十分。

最近は水着のような伸縮する生地にも対応している
記名用テープが出ているそうです。

洗濯しても剥がれないのが良いですね。
posted by ぶんねん at 19:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 衣類編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

デイサービスで上履きを簡単に履く方法

デイサービスに行くと上履きに履き替えなくてはいけません。

上履きを履くとき不自由な手で又指先で何度も
靴を足に入れようとしますが力が入らないのか
時間が係ってしまいます。

上履きのかかとに指を入れられるリングを着けると
これが、あら不思議、簡単に上履きが履ける様に成りました。

指に力が入らないおばあさんでも、リングに指を掛ける事で
簡単にはける様に成ったのです。

靴下も同じ様に足首の後ろ側に指が入るようリボンで
リングを作り縫いつける事で履いたり脱いだりが
簡単に出来る様に成りました。

手の不自由な人には本当に良いと思います。
posted by ぶんねん at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 衣類編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

滑りやすい床には靴下を滑りにくくする

床がフローリングとか長尺シートなどの
滑りやすいところは滑りやすいので上履き
でもすべに難い裏地の物を履くか
靴下の裏にゴムが付いている物を購入するか

色んな考えがあると思います。
若い家はスリッパでも良いですが、お年寄りになると
スリッパで歩く事が転倒の原因にもなります。

そこで簡単に出来る方法として
新しく買って帰った靴下の裏に
液状のゴムで滑り止めを付けるのです。

渦巻き型、花火型、色んな形で柄を描き
有る面楽しく靴下を作る事が出来ます。

注意点:つま先部分にはゴムを付けないで下さい
    つまずきの原因になります。

    人によって向き不向きがありますので良く確認して
    使用するようにしましょう。
posted by ぶんねん at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 衣類編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

きつい靴下は足首に切り込みを入れると楽

お年寄りになると手足が不自由になり
かごんで靴下をはいたり、脱いだりするのが
結構、大変です。

そこで、靴下を色々はいて見たところ
新しい靴下はゴムがきつくむくんだ足首に
食い込んでしまいました。

はき慣れた靴下はゴムもゆるみはいて楽そうです。

そこで、新しい靴下にはさみで切り込みを入れて
見たのです。
そうしたらゴムもゆるみ履きやすくなったでは有りませんか。

新しい靴下、きつい靴下ははさみで切り込みを入れ
履きやすくして見ませんか?

【アドバイス】
 切り込みは切りすぎないよう、加減しながら入れるのがコツ
 です。切りっぱなしで洗濯してもそれ程ほつれません。
posted by ぶんねん at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 衣類編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

介護での足首の冷えにルーズソックスで

お年寄りになると盛んに足首の冷えを訴える事があります。

これは、血流の関係で身体の末端部手、足の先に
血液が流れにくくなっているからです。

特に足の不自由な人の介護では車椅子での散歩の時
膝掛けをして外に出る事がありますね。

膝掛けをしても足首が冷えて困る事がしばしば有ります。
その時に履いてもらったのが若い女子中高生の人気だった
ルーズソックスです。

ゴムが緩く足首を締め付けないで足首の保温にピッタリです。

足首が冷えるお爺さん、おばあさんに是非
ルーズソックスで暖めてあげて下さい。
posted by ぶんねん at 15:14| Comment(0) | TrackBack(3) | 衣類編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

トイレが近い人はトランクスが良い

トランクスは男物と思いがちですが、年を取ると
おしっこも近くなり、男でさえ漏らしてしまう事が
有ります。

女の人はどうでしょうか?
男より我慢が出来ないと思います。
女性用のショーツは色々有ると思いますが
いざとなったとき、下ろしにくいのが実情です。

そうしたときに下ろしやすく、そう変でないのが
男物のトランクスです。

今でさえ色んな色、柄があり、女性でもおかしく無い
トランクスが沢山出廻っています。

トランクスに履き替えてからパンツを下ろすのも
楽になり、トイレに行っても大丈夫になりました。

お年寄りになった女性も可愛いトランクスで
トイレのお漏らしを克服してみませんか?

履きやすく、脱ぎやすいトランス。
年代を超えてみんなに親しまれています。
posted by ぶんねん at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 衣類編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

膝の治療はジャージが一番

病院で良くジャージを着ている人を見かけます。

なぜジャージ?と考えて見ました。

着て楽だから?
それとも、診察で楽?

どんな人がジャージを履いているのか、注意して
見てみると、足を悪くされている人の数が一番
その次は若い人、チョツト、危なそうな人?

でしょうか。
ヤハリ、足の病気の人が一番多いとおもいました。
そこで
なぜジャージなのか?考えて見たのです。
ジャージは柔らかく履きやすく、動きやすい
患部に当たっても痛く無く、診察の時に
膝までまくり易い。

そうなのです。診察の時、普通のズボンより
膝を出すのが楽で早いのです。

ジャージのジッパーを上げ、開いた裾を
膝まで上げるだけで、簡単にズボンの裾を
上げる事が出来るのです。

足の悪い方、膝の治療をしている方
ジャージをお勧めします。

今なら、よそ行きのジャージもスポーツ店に
沢山ありますので、あまりカッコ悪く無いですよ。
反対にかっこいいジャージもあります。

楽しんで履いて、楽をしましょう。
posted by ぶんねん at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 衣類編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

病院に行くときはどんな服装?が一番か

介護に付き物は定期的な病院での検査です。

検査に付き物は血圧測定、注射など
袖口を上げる行為がどうしても必要になって来ます。

そこで考えたのが袖口が簡単に上げる方法です。

服の袖口を見て貰えれば解るように普通の服は
ボタンがかけてあります。
この、ボタンは小さくお年寄りにはかけたり
はずしたりが困難な代物です。

では、アナタが毎日しているエプロンはどうでしょう
すぐ外したり出来るように袖口はゴムが入って
いませんか?
袖口にゴムを使うと簡単に脱いだり袖を
上げたりする事が簡単に出来ます。

そこで、病院に着ていく服で女性はブラウス、男性は
カッターシャツを少し改造して着ていって貰うのです。

古くても綺麗なブラウス、カッターシャツの袖口を
はさみで切ります。
この時に注意する事は若者向けの服(娘、孫)です。
袖が長く作られているのでカットしても良いぐらいの
長さになります。
そうして、カットした袖口を三つ折りにしてミシンをかけ
そこにゴムを通せばできあがりです。

簡単に出来るリホームなのでお勧めです。

注意点は袖の長い服を選ぶ事ですね。
posted by ぶんねん at 11:41| 衣類編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

マジックテープは必需品

前回はマジックテープをボタン代わりに
取り付けることで衣服を着たり脱いだり
する事を簡単にするアイデアを説明しました。

今回はサスペンダーにマジックテープを
取り付けます。
介護の必要な方で半身麻痺の人は
どちらかに方が下がっています。

そんな人がサスペンダーの付いている
衣服を着るとどうしてもヒモが落ちるのです。

そこでサスペンダーの裏側にマジックテープの
ループ状になっている方を縫いつける事で
服と滑り止めになり落ちてこなくなります。
試してみてはどうでしょう?

【アドバイス】
 麻痺のある人は麻痺の方の手足が冷たく
 なります。
 そこで、暑い時は長袖シャツの麻痺の無い
 方を袖だけ切って使えば便利です。
 レッグウォーマーを麻痺の腕に付けるのも
 良いかも知れません。
posted by ぶんねん at 21:19| 衣類編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。