ポチット押してくれてありがとう。これからもより良いブログ、頑張ります。にほんブログ村 介護ブログへ

2007年07月29日

お布団はじめじめしていませんか?

老人介護で良くある話です。

介護をするとき日当たりの良い、眺めの良い
部屋で介護をすると、
毎日楽しく過ごせると思います。

その考え方には賛成です。
それは精神論であり、実際の介護では

日当たりの良い部屋=布団干しをしなくて良い

この方程式は当てはまりません。

日当たりの良い部屋でも布団干しは必要です。

まずは、衛生上良くありません。
布団に湿り気があれば細菌も増えるし
イヤな臭いの原因にもなりかねないのです。

どの様にすれば良いのか?
1.お布団を定期的に干す。

2.敷く位置をお布団を干した時に
  変える。下に湿気がたまらない様にするため。

これでほぼ解決出来ます。

ベットでも敷き布団は干すようにして下さい。

お布団も2組あれば干しているいるときに
別のお布団を使えば良いと思います。

【アドバイス】
 真夏の炎天下なら日光の下に布団を干して
 置けば殺菌作用もありますが、
 普通の時や曇りの時はそれ程期待出来ません。

 その時には布団乾燥機を使えば
 殺菌、殺虫効果もあり部屋の中で
 作業が出来るため、天候を気にしなくても
 良いですね。

 また、布団を干しに行く手間も省け
 介護する人の負担も減ります。
 花粉症のある人には外に布団を干す事で
 花粉が付、別の意味で苦しくなる事が考え
 られるので、外に干す場合は黒い袋を
 布団の上から掛ける也して、花粉対策を
 施して下さい。

 こうして見れば、布団乾燥機は優れものかも? 
posted by ぶんねん at 11:25| 住まい編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

ゴミ箱は口の大きな物を

介護をしていく中でティッシュの使用が
多いと思いませんか?

あっと言う間に一箱無くなって行きます。

ベットの横にゴミ箱を置いていたのですが、
口が小さく、急いでいる時には口に入らず
外に出てしまう事もしばしばでした。

また、自分でベットからティッシュを捨てる時も
口が小さいと入らないと言っていました。

そこで口の広いゴミ箱を探しに行ったのですが
なかなか見つかりません。

そこで考えたのが段ボール箱で対応出来ない物かと?

丁度適当な大きさ口が正方形で高さも40pぐらい
の段ボールが有ったのです。

その段ボールの中に袋を入れていっぱいになったら
袋事捨てる様にしています。

沢山入るし、入れやすいのが一番!

皆さんも試してみては?

【アドバイス】

 口が大きい分ベットの近くでは邪魔になる
 事が有ります。置き場には気を付けて下さい。

 ゴミは不衛生な物です。ため込まずに
 こまめに捨てる様にしましょう。

 認知症の介護の場合、必要な物まで
 ゴミ箱に捨てる事も考えられます。
 捨てる前に良く調べてから捨てる様に
 しましょう。
posted by ぶんねん at 21:07| 住まい編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

洗面器とコップそれとタオルで加湿器に?

今は梅雨、じめじめしていますが、

冬寒い時期にストーブなどで部屋を暖めて
いたら空気が乾燥しますね。

家に、お爺さん小さい子供がいれば
加湿は必要不可欠になります。

そこで登場!洗面器とタオルです。

それを使いどうするのか?と言えば
洗面器にびっしょり濡れたタオルをたたんで入れます。

その上に水の入ったこっぷを逆さまにして、
置いておくのです。

こうすると、タオルの水が蒸発して部屋を
加湿、コップの水が自然にタオルの水分を補給
すると言う仕組みとなります。

簡単に出来る加湿器です。
高い電気製品を買うよりお手軽で良いですよ。

電気代もかからないし。

【アドバイス】
 冬空気が乾燥すると喉からウイルスが入り易くなります
  その為風邪や喉が痛くなる事がありますので
 
 加湿をする事で予防しましょう。
posted by ぶんねん at 00:13| 住まい編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。