ポチット押してくれてありがとう。これからもより良いブログ、頑張ります。にほんブログ村 介護ブログへ

2008年01月11日

リハビリ編のまとめです。 身体の動く所は積極的に動かそう。

第1回目:ひびの生活の中で身体をどの様に動かすか、工夫しよう。

重傷で寝たきりのお年寄りは別として、元気だけど介護が必要な
お年寄りについてのリハビリです。

普段の介護でベットの上でリハビリ体操をしているのを
あまり見た事がありません。

リハビリ体操?そんなもの有るの?と思われる人も多いのでは?

リハビリ体操は決まった体操では有りません。

その、介護される人、個人個人の状態から適切な運動を
して貰う。それだけの事です。


寝たきりになると、寝たままで身体を動かす事がありません。

そうなると、筋肉が衰え、特に腹筋、配筋が衰えると
ベットからの起きあがる事も容易に出来なくなり
介護者の負担が増えます。

今まで、自分で起きあがっていたお年寄りが起きられなくなり
介護者の介護ナシでは動けない、そうなる前に行う運動です。

どの様な事をすれば良いのか例を挙げて説明します。

1.食事の前の腕あげ、ぐっぱー運動。

  食事を作りながらお年寄りに声を掛けます。
 
 「ハイ、腕を上に上げて、ハイ、下げて」10回ぐらい

 「手を、ぐーに握って、ハイ、ぱーで開いて」

等をして貰います。これだけで、朝の食事の前の運動で
ご飯を美味しく頂ける事ができ、うで、手の運動にもなります。


2.テッシュペーパーにヒモを付ける

 ヒモを付ける事でテッシュペーパーがしたに落ちると
 自分でヒモを引っ張って取って貰います。

 コレも簡単で運動になります。

簡単にでき、毎日の習慣にしてしまえば苦痛もなく
運動が出来るのではないでしょうか?

 


posted by ぶんねん at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | リハビリ編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

短い髪もカラーリングでオシャレに変身

お年寄りが介護される様になると今までの様に
髪を長くしたり、美容院、散髪屋さんに行く事が困難
に成りますよね。

そして、今までの長い髪は介護での洗髪にも簡単
な様に短くカットさます。


お爺さんなら、さっぱりして良かった。なんて
言っても良いかも知れませんが、

コレが、おばあさんになると短く切った髪を見て
まるで男みたい、気に入らない!


そんな事を言う人もいらっしゃいます。

そこで、男の様に短くカットするのではなく、
少しぐらいオシャレに襟元をカットして、
カットした髪をカラーリングで若々しくする事で

おばあちゃんも納得するのではないでしょうか。

何歳にもなってもおばあちゃんは女性です。

綺麗になりたいのは女性の性です。

短い髪でもオシャレに気を付けて上げて下さい。

【アドバイス】

 お爺さんも少しぐらいはオシャレに気を付けて上げて。

 散髪をするときに気を付けて上げる点を2つほど

1.鼻毛カットをして上げましょう。
  鼻毛が出ているとせっかくの散髪も
  バカボンのパパのように見えます。(表現が古いな〜)

2.眉毛をカットして上げましょう。
  眉毛が仙人の様に長い人が居ます。
  お爺さんに聞いてからカットしましょう
  (長く伸ばしているかもしれないので?)
posted by ぶんねん at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | リハビリ編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月07日

子供と接する事で元気になれる

子供達、小さな赤ちゃんから育ち盛りの幼稚園児

元気に走り回ったり、遊んでいる姿を見れば

ホッとしたり、良いな〜なんて感情を持つのは私だけでは

無いと思います。皆さん一緒でしょ。

子供たちは私たちにパワーを与えてくれる源なのかも知れません。

このようなお話しをききました。

有るおばあさんがいました。そのおばあさんは毎日の日課に
散歩をする事です。

散歩は身体の為にも良く、足腰を丈夫にすることで寝たきり
の予防にもなるし、身体を動かす事でお腹も減り、
よく食べ、よく寝る、お通じも良くなる。

お散歩は、疲れない程度にする事がお年寄りの介護では
必要な要素では無いかと思います。


気分転換にもなりますね。

そのおばあさんの散歩ですがいつもより少し足を伸ばすと
近所に保育園が有ったそうです。

そこで遊んでいる園児をみて目を細めながらニコニコしながら
見ていたそうです。

それからというもの、お散歩はその保育園まで行く事が
散歩の楽しみになったそうです。

子供達の姿をみるだけでパワーを貰える事を感じたそうです。

お年寄りは子供が大好きです。子供を見ているだけで元気になります。

posted by ぶんねん at 18:43| Comment(4) | TrackBack(0) | リハビリ編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月04日

年中行事や食べ物で季節を感じて貰う

認知症のお年寄りとか認知症の患者さんの介護で
必要なのが季節の変わり目を知って貰う事です。

小さいときの思い出などを季節の変わり目の催し事
季節の食べ物などで思い出して貰い認知症の症状を
改善出来る事もあります。(これ以上悪くさせない)

ひな祭りの時はおひな様を飾ると言うような大げさな事
はしないで、折り紙でおひな様を折り、ひなあられを買って
きて、一緒にお供えする。

こんな事でも、季節を感じる事が出来るとおもいます。

簡単な事で良いと思いますよ。

食べ物でも、季節の食べ物その季節にしか取れない
野菜、果物でも良いと思います。

食べる前にベットの側に飾って置いて、食事に
作って上げたり、デザートで果物を出したりと

季節感を感じる事で思い出す事も有るかと思います。

色々工夫されて見てはいかがですか?

posted by ぶんねん at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | リハビリ編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

無口なお爺さんがお国言葉で流ちょうに

年と共に無口になって行くおじいさん。

所が先日親戚の方が訪れたとき流ちょうな方言で
話しているでは有りませんか。

ビックリです。

生まれ育った方言は忘れていないのでしょう。
それからは、お爺さんから方言を習い、
方言で話をするようにしたそうです。

方言はお爺さんには自然と出てくる言葉だったに
違い有りません。
年を取ると子供に返る。
ヤハリ育った所に戻りたいのかもしれません。

ココで重要なのが方言では有りません。
方言は対話をする一つのツールでしか有りません。
基本は楽しく話をする。ここなのです。

方言を習ってコミュニケーションを取りましょう。
posted by ぶんねん at 20:40| Comment(1) | TrackBack(0) | リハビリ編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お年寄りの話はリピートします

お年寄りと話をしていると、エッ今さっき話した事
又話している?と感じた事はしばしば有るとおもいます。

そうなんです。お年寄りは話し好きで同じ事を何度も
話すのです。それがお仕事なのです。


前にも話しましたが、話をする事は重要です。
話を聞く事も重要です。
”話し上手は聞き上手”聞いた事有りませんか?

何度も同じ事を聞く事は苦痛かも知れませんが、そこは
アナタの懐の大きさを十分活用し、役者になったつもりで
対応してはどうでしょうか?
本気で聞いていると、腹も立ってきます。
大きな気持ちで又同じ事言っているな。
しっかり聞いてあげよう。この気持ちが大切です。

聞き上手になりましょう。

【アドバイス】
 近所の人が来たら家に上がって貰ってお年寄りの
 話し相手になって貰いましょう。
 お茶、コーヒーなど出して上げると断れませんよね。
 他人の力を借りる事も介護には必要ですね。
posted by ぶんねん at 00:06| Comment(0) | TrackBack(1) | リハビリ編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

お年寄りには住み慣れた家が一番

ある家での事をお話しします。
その家ではお年寄り二人、お爺さんとお婆さんがすんでいました。

今では日本で普通に見られる家の状態です。
子供たちは独立して仕事の都合、嫁に行って向こうの家に
と家族がバラバラになり、核家族が当たり前の世の中です。

子供達も、自分達の子供のことも有り、今更お爺さん、おばあさんと
同居は出来ないし、どちらかが寝たきりになってから考えよう?
そんな考えが一般的では無いでしょうか?

そんな家のお爺さんが無くなり、おばあさんだけになったとき
子供達は、困惑しました。
誰が引き取る?
長男のアナタでしょう!イヤ、みんなで見るべきだ!

おばあさんは良い迷惑です。誰にも見て貰いたくは無いのです。

その家では子供達の家を転々とする事になったそうです。
そうすると、最初は良かったのですが、日増しに痴呆が進み
気分的にもすぐれず、悪い方向に進んだのです。

自分の事ばかり考えている子供達に振り回され気を使った結果
痴呆が進み、病気も悪化したのです。

それからは元の家に戻しおばあさんが一人で過ごしています。
兄弟が代わる代わる泊まり面倒を見ているそうです。

そうすると、かなり気持ち的も落ち着き元気になったそうです。
子供達には負担が大きいですが出来るだけ続けるそうです。

住み慣れた家が一番良いのかも知れません。

【アドバイス】
 痴呆になると生まれ育った家に帰る老人もいるそうです。
 長年住み慣れた所に戻る、そこで生活する事が一番です。
 事情によっては引き取る事もありますが、頻繁な移動は
 混乱の元になり良い結果を得られません。

posted by ぶんねん at 11:50| Comment(1) | TrackBack(1) | リハビリ編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

お年寄りは一人にすると痴呆がすすむ

痴呆の老人介護にはいつも側に付き添いの介護の人が
いる事がベストです。


なぜなら、目が届くし、お話しも出来、コミュニケーション
が取りやすいからです。


今の自宅介護では日当たりの良い場所が良いのではと家族は
気を使い、南向きの日当たりの良い部屋にベットを移し
痴呆のお年寄りが一人でいる事が多くなっていると思います。

介護する方は気持ち的にもお年寄りのの事を思い
良い場所で介護をしている自己満足と
いつも一緒にいなくても良い逃げの感情で心の中は
ホッとしていると思います。
《介護に疲れると自分を見つめ直す事も大事です》

日当たりの良い場所は介護される方には良い環境です。
でも、その部屋で一日中一人で過ごす事は苦痛の何者でも
有りません。
食事の時と下の世話だけにしか顔を合わさないなんて
それでは痴呆も進むし、病気の状態も良くはなりません。

どうすれば良いの?

それは、アナタが家で介護する場合、台所作業が多いので有れば
簡易ベットを台所に設置し起きているときはそちらで過ごす事を
お勧めします。
キッチンなどには誰かがおり、お話しをする事で気分も和らぎ
お年寄りのお爺さん、おばあさんも機嫌が良いと思います。

話をする事が、刺激になりコミュニケーションも取れ
それ以上に感情的に和らぐのではないでしょうか?

ひとりぼっちにならないよう工夫してみては?

【アドバイス】
 家族との対話は大切”話す事”はいい刺激になります。
posted by ぶんねん at 20:37| Comment(2) | TrackBack(1) | リハビリ編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

パソコンはリハビリに良い

お年寄りの中で痴呆ではなく、マヒが有るお年寄りに
もってこいのリハビリ方法です。

良く若い頃から、指の器用な人は頭も良いと
言われて来ました。
これには根拠があり、指を器用に使う=頭の脳が活発に動く
と関連付けが有るのです。

では、マヒの有る老人で頭はまだまだ、しっかりしている。
ただ、マヒがあり、手が自由に動かない、このような
お年寄りにはパソコンがピッタリです。

パソコンはキーボードで文字を打ち込まなければなりません。
また、難しい操作方法も考えて学ぶ事が要求されます。

頭も使い、指も動かす事で痴呆になる事の予防にもなり
パソコンで作る絵手紙、年賀状、また、デジカメ画像を
取り込んだイラスト入りの作品など、
楽しく取り組め、みんなに喜ばれ、痴呆になりにくい
良い事ずくめのパソコン作業です。

ゆっくりでも良いので、お年寄りの話し相手をしながら
コミュニケーションを取りながら、
教えてあげてみては
どうでしょうか?
良い関係は介護に大切な部分です。
posted by ぶんねん at 11:06| Comment(3) | TrackBack(0) | リハビリ編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

お爺さんはセールス退治の第一人者

家のお爺さんはお話し好きです。

家に来た、セールスマンの相手はお爺さんです。
セールスマンの話をウンウンと聞きながら、
世間話をするのです。

時にはセールスの話はせずに最初から最後まで
世間話で終わってたセールスマンもいましたね。

少し耳が遠いので、良く聞き取れないのが良いのか
相手も、セールスをせずに帰って行く事が多い見たいです。

老人になると家で一人のことが多いですね。
話し相手にはセールスマンがピッタリなのです。

話し好きなお爺さんにピッタリのお仕事です。
これが、元気な源になっているのでは?
と考えてしまいます。

他にも、お爺さんの得意な事を頼めば
目的意識が芽生え、生きる生き甲斐にもなるのでは?

これからも、色々頼んで、元気になって貰います。
posted by ぶんねん at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | リハビリ編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月31日

お年寄りにも家の用事をやって貰おう

年を取り、手足が不自由になったおばあさん
毎日の生活では不自由はありませんが
ヤハリ毎日身体を動かさないと、身体が
動かなくなり寝たきりになります。

それを回避するため、今までの生活で
朝の新聞を取って来るとか、夕方洗濯物を
取り込んでたたむとか、して貰っています。

出来る範囲の家事をやって貰っているので
リハビリにもなるし、自分の仕事がある
事で毎日の張り合いも出るようです。

【アドバイス】
 庭いじりが好きなお年寄りには少し土地があれば
 野菜を作ったり、花を植えたり、そんな事でも
 心が豊かになり、毎日楽しく過ごす事が出来る
 でしょう。
 お年寄りの得意な仕事、お年寄り向きな仕事を
 探して、出来るだけやって貰いましょう。
posted by ぶんねん at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | リハビリ編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

紙の箱作はリハビリにピッタリ

老人介護では指先の不自由な方の介護もあるかと
思います。

そんな人の介護でのリハビリの一つとして、
紙で箱を折って作る事が指先の運動で
とっても良いリハビリの一つになっています。

時間は係りますが、ゆっくりと楽しくやって
頂きましょう。

折った箱はゴミ入れにしたり、調理の時の
生野菜入れにしたりと、便利に使えます。

すぐ燃やせるゴミで捨てる事が出来るし
紙の箱に入れてカラスなどにつつかれる
事も無いので清潔で有意義なゴミ箱です。

そんな、有意義で人の為になる事を
リハビリで出来る事を教えて上げる事で
お爺さん、おばあさんも生き甲斐を持って
リハビリ出来るのではないかとおもいます。

紙の箱はたたんでおけるためカサを減す事
も出来るので場所をとりません。

指先のリハビリとして紙の箱作り
やって見ませんか?
posted by ぶんねん at 23:45| リハビリ編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

リハビリを長く続ける方法

リハビリと効けば辛い、しんどい、楽しくない

の三拍子。
ホントリハビリは本人のやる気一つです。

リハビリは毎日少しづつ続けるのが効果的ですが
なかなか毎日は難しいのがリハビリなのです。

本人のやる気なので、
機嫌が良いとき

朝、すぐでは無く、身体を十分動く様に成った
10時以降などに
本人の好きな音楽などをかけて楽しく行うのが
リハビリを長く続かせるコツです。

音楽を聴きながら身体を動かすと
楽しみながら自然に時間を忘れ
運動をする事が出来ます。

小学校のジョギング教室で音楽を流して
走って貰いました。
普段5分以上走れない子供達が歌謡曲の
リズムに合わせて、ゆっくりですが10分
以上走ったのです。
この時、音楽と運動の組み合わせを実感しました。

【アドバイス】
 リハビリの長続きの方法でもう一つ
 他の人と一緒に行うのです。
 同じ年代の人でもいいし、お孫サンと
 体操をするのも良いかも知れません。
posted by ぶんねん at 00:11| リハビリ編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

カレンダーでリハビリ

知り合いのお父さんが脳血栓で入院し
さらに骨粗しょう症も併発しほとんど
寝たきりになっておられました。

そこで、何とか寝たきりにならないよう
自宅でのリハビリを始めたそうです。

毎日10分間起きておく練習だそうです。
最初はそんなに起きれないので
時間は短いですが徐々に長くして
10分目標で頑張ったそうです。

リハビリは本人のやる気1つのため
どの様にすれば本人もやる気を出して
続けてくれるのか考えたそうです。

そこで、小学校の夏休み毎日ラジオ体操に
行った事思い出したそうで、その時の
スタンプを紙に押して貰った事、
それがたまるのが嬉しかった事
それを励みに毎日ラジオ体操に言った事を
思い出したそうです。

毎日、リハビリが出来た時はベットから見える
カレンダーに赤○をしたそうです。

今では一日1時間も起きていられる様に成っています。

ホント、継続は力なりですね。
リハビリをつずけたお爺さんもステキですが
それを考えた友達にも関心しました。

チョットの事で、やる気が出るのですね。

【アドバイス】
 リハビリが出来た日は自分でシールを貼る
 これも良いかも知れません。
 自分で。貼る。楽しみがましますよ。



posted by ぶんねん at 21:01| リハビリ編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

指先を動かせば認知症介護に効果有り

みなさん、今までに効いた事がある言葉で

「指先が器用な人は頭も良い」

こんな事聞いた事ありませんか?

私は、学校の先生からききました。

そろばんをすれば指先を使い頭が良くなると

指先とか手を使う動きは脳を刺激し
認知症の介護のリハビリとして
老人ホームとか、介護施設で良く言われています。

自宅介護でも、お爺さんと一緒に竹とんぼ
を作ったり、おばあさんとお手玉する事も
認知症のリハビリに最適です。

とても楽しそうで、話を聞いていると
考えもしっかりしているし、認知症であることを
忘れさせられます。

子供達も喜び、一席二丁です。

認知症ではありませんが、
指が不自由になってきた老人の良い運動は
大きめのビーズでアクセサリーを作る事で
解消できます。

お孫さんと一緒に作ればコミニケーションもとれ
家族の絆が今以上に良い関係が作れます。

まずは簡単な物から始めれば
楽しく始められますよ。

楽しい事が長続きのコツです。
posted by ぶんねん at 23:57| リハビリ編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。