ポチット押してくれてありがとう。これからもより良いブログ、頑張ります。にほんブログ村 介護ブログへ

2010年03月28日

訪問調査の後はどうなるの?

 訪問調査が終わると、その調査票をもとに

一次判定と二次判定が行われます。

 まず一次判定では、調査票をコンピュータで処理し、

本人にどれくらいの介護が必要なのかを算出します。

 この一次判定だけではご本人の正確な要介護度

決められないので、さらに二次判定へと移ります。

 二次判定は、一次判定のデータに加えて、調査票の

特記事項、主治医の意見書を合わせて、正確な

審査をします。

 例えば、ある人の一次判定の結果が「要介護2」

だったとします。

 この判定結果と調査票の特記事項、主治医の

意見書をまとめたものが「介護認定審査員」

構成員に届き、各人が書類に目を通してから集まり、

審査をして最終的な判定を出すわけです。

 「要介護2」でも、二次判定によって「要介護1」に

なる場合や、主治医の意見書などから介護がさらに

必要であると判断されて「要介護3」になることなども

あります。

         介護認定審査会とは?
 福祉・医療・保健のプロの集まりで、医者・看護師・保健師・

社会福祉士・PT(理学療法士)・OT(作業療法士)などで構成

されています。メンバーはそれぞれ市区町村長が任命しています。
posted by ぶんねん at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護保険の申請のしかた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月21日

訪問調査を受ける

訪問調査を受ける

要介護認定の申請を行うと、ご本人にどのくらいの

介護が必要なのかを調べるために、訪問調査員が

ご本人のもとに訪れます。


訪問調査では所定の調査票をもとに、日常の生活

に関する動作(移動・食事・入浴・排泄など)や、

記憶の部分についてなど、およそ1時間から長くて

2時間くらいかけて調査していきます。


選択肢のある質問から、それ以外の特別に

記入しておくべきものについての質問など、

様々な質問がありますが、気がまえすることなく、

ありのままの姿で望むことが大事です。


この訪問調査と、主治医の意見書をもとに、

要介護度の判定へと進んでいきます。


訪問調査の日時はこちらから指定すことができます。

土曜・日曜・夜間でも可能なので、都合のよい時間を

遠慮なく伝えましょう。


訪問調査員はどんな人が来るの?

訪問調査員は市区町村の職員、または市区町村から委託された

ケアマネジャーによって構成されています。


訪問調査員は「認定調査員証」を必ず所持していますので、

その内容が正しいものであるかどうかを必ず確認しましょう。

調査員を名乗って悪徳商法を展開する人がいる

かもしれませんので注意が必要です。


主治医の意見書

申請時に記入した主治医に要介護認定における意見書を作成

してもらいます。(ご自身で依頼する必要はありません)

要介護度の判定において、訪問調査ではつかみきれない部分について、

この意見書を参考にするので、重要な要素の一つとなります。


posted by ぶんねん at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護保険の申請のしかた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

手続きをする前にその2

その2 手続きをする前に

介護保険を利用するときは、「被保険者証」
必要となります。

65歳以上になると手元に届き
ますので、しっかりと保管しておいてください。



被保険者証の内容をチェックしましょう

被保険者証に記載されている内容に間違いが
ないか必ずチェックするようにしましょう。

もし内容に間違いがある場合は、市区町村役場の
介護保険担当の窓口に問い合わせてください。


また、引越しなどで住所が変わった場合、それまで
持っていた「被保険者証」は失効となります。

転入届けをする際に、新しく発行してもらうよう
伝えてください。


!注意!
「被保険者証」が届いたからといって、病院に
行くときのようにすぐにサービスが利用できるわけ
ではありません。

利用するためには「要介護認定」をしなければ
ならないのです。

次回は要介護認定について説明します
posted by ぶんねん at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護保険の申請のしかた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

要介護認定の結果通知

その6 要介護認定の結果通知
申請からおよそ1ヵ月ほどすると、認定結果の

通知書と、申請時に渡した被保険者証が届きます。

届いた中身について記入部分などに不備がないか

確認した後、大切に保管しましょう。

この通知を受けて、要介護認定が完了します。


原則として30日以内に認定をしなければ

ならないのですが、調査等に時間がかかって、

30日を超える場合があります。

そのときは30日以内に、延期となる日数、

理由が通知されることとなっています。


要介護認定の結果通知(続き)不満がある場合

認定結果に疑問や不満があるときは、「審査請求」

というものができますが、まずは市区町村の窓口に

認定結果について問い合わせてみるとよいでしょう。

それでも納得ができないという方に「審査請求」の

方法をご紹介します。

「審査請求」は認定結果の通知を受けてから60日

以内に行わなければなりません。都道府県が設置

する介護保険審査会のもとを訪れて伝えることも

できますが、それよりも確実な手段があります。

それは市区町村の窓口で審査請求の請求書用紙を

もらい、必要事項を記入して提出する方法です。

提出後は、市区町村から弁明書がくるのを待つ

だけとなります。
posted by ぶんねん at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護保険の申請のしかた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月07日

一次判定と二次判定

その5 一次判定と二次判定

訪問調査が終わると、その調査票をもとに一次判定と

二次判定が行われます。

まず一次判定では、調査票をコンピュータで処理し、

本人にどれくらいの介護が必要なのかを算出します。

この一次判定だけではご本人の正確な要介護度が

決められないので、さらに二次判定へと移ります。


二次判定は、一次判定のデータに加えて、調査票の

特記事項、主治医の意見書を合わせて、正確な

審査をします。

例えば、ある人の一次判定の結果が「要介護2」

だったとします。

この判定結果と調査票の特記事項、主治医の

意見書をまとめたものが「介護認定審査員」

構成員に届き、各人が書類に目を通してから集まり、

審査をして最終的な判定を出すわけです。

「要介護2」でも、二次判定によって「要介護1」に

なる場合や、主治医の意見書などから介護がさらに

必要であると判断されて「要介護3」になることなども

あります。


介護認定審査会とは?

福祉・医療・保健のプロの集まりで、医者・看護師・保健師・

社会福祉士・PT(理学療法士)・OT(作業療法士)などで構成

されています。メンバーはそれぞれ市区町村長が任命しています。
 
posted by ぶんねん at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護保険の申請のしかた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

 訪問調査を受ける

その4 訪問調査を受ける
要介護認定の申請を行うと、ご本人にどのくらいの

介護が必要なのかを調べるために、訪問調査員

ご本人のもとに訪れます。


訪問調査では所定の調査票をもとに、日常の生活

に関する動作(移動・食事・入浴・排泄など)
や、

記憶の部分についてなど、およそ1時間から長くて

2時間くらいかけて調査していきます。


選択肢のある質問から、それ以外の特別に

記入しておくべきものについての質問など、

様々な質問がありますが、気がまえすることなく、

ありのままの姿で望むことが大事です。


この訪問調査と、主治医の意見書をもとに、

要介護度の判定へと進んでいきます。


訪問調査の日時はこちらから指定する

ことができます。
土曜・日曜・夜間でも

可能なので、都合のよい時間を

遠慮なく伝えましょう。
タグ:訪問調査
posted by ぶんねん at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護保険の申請のしかた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

その3 要介護認定の申請をする

その3 要介護認定の申請をする
要介護認定の申請には、本人による申請と代理人による

申請があります。

代理人申請についてはこちらをご覧ください。


申請をするには、まず市区町村役場に行き、

介護保険を担当する窓口で「要介護認定の申請

したいのですが…」などと伝えます。

すると申請書の記入を求められるので、申請書に

必要事項を記入していきます。


申請書には、今回申請をするご本人の氏名、

生年月日、住所などを記入していくのですが、

その中で注目すべきポイントがあります。


それは「主治医」の欄です。

かかりつけの医者について、氏名、機関名

(○○医院など)、所在地などを記入しなければ

ならないので、申請で役場に行く前に主治医に

ついて確認をし、メモをしておきましょう。

何回も足を運ぶのはいやなものです。

ちゃんとチェックして記入漏れがないようにしましょう。
posted by ぶんねん at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護保険の申請のしかた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月02日

手続き前の確認事項

その2 手続きをする前に
介護保険を利用するときは、「被保険者証」
必要となります。65歳以上になると手元に届き
ますので、しっかりと保管しておいてください。


被保険者証の内容をチェックしましょう

被保険者証に記載されている内容に間違いが

ないか必ずチェックするようにしましょう。

もし内容に間違いがある場合は、市区町村役場の

介護保険担当の窓口に問い合わせてください。


また、引越しなどで住所が変わった場合、それまで

持っていた「被保険者証」は失効となります。


転入届けをする際に、新しく発行してもらうよう

伝えてください。

!注意!

「被保険者証」が届いたからといって、病院に

行くときのようにすぐにサービスが利用できるわけ

ではありません。

利用するためには「要介護認定」をしなければ

ならないのです。
posted by ぶんねん at 19:12| Comment(0) | TrackBack(1) | 介護保険の申請のしかた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

介護保険の申請の方法

介護を受け、国から保険の補助を受けるためには

どのようにすれば良いのか、お話します。

まずは、介護を受けなければいけなくなった人の

保険申請をしなくてはいけません。

下の要領で手続きを進めていきます。

その1 どうすれば利用できるの?

介護保険のサービスを受けるためには、ご本人がどれだけの

介護が必要かを決める「要介護認定」というものをしなければ

なりません。

その要介護認定が行われる手順は以下の通りです。


@市区町村役場に行き、要介護認定の申請をする

A訪問調査でご本人の状態について質問を受ける

B調査内容をもとに判定がされる

C認定の結果が通知される


この手順を経て、はじめて介護保険のサービスを
受けることができるようになります。

次からは各手順について詳しくご紹介していきます。
タグ:介護保険
posted by ぶんねん at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護保険の申請のしかた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。