ポチット押してくれてありがとう。これからもより良いブログ、頑張ります。にほんブログ村 介護ブログへ

2010年11月10日

移動の介護と福祉機器

移動の介護と福祉機器
移動の介護
 車いすや歩行器などを使用することは、寝かせきりにしないことに
つながります。
 
 そのためには車いすや歩行器を操作する以前に、そこへ『乗り移り』
ができるかどうかが、大切なポイントになります。
 
 車いすや歩行器へ乗り移るために、ベッドや移動用リフトなどの福祉
機器を使用するとともに、からだの自然な動きを知り、安全で安楽な
『起き上がり』や『乗り移り』の方法を知ることが必要です。
 
 また、介護者は腰に負担がかからない姿勢と動きに常に心がけ、腰痛
を起こさないようにしましょう。

移動の介護と福祉機器
移動の介護では、介助者が使用するものか、本人が
使用するものかを考えて、福祉機器を選ぶ必要があります。
 
 例えば、介助用の車いすならば、本人の乗り心地はもちろんですが、
介助者が使いやすいものを選ぶ必要があります。
 
 本人の機能にあわせた車いすや歩行器を選ぶとともに、段差解消器を
使って部屋の中の段差をなくしたり、廊下に手すりをつけるなどの
工夫をすると、移動がしやすく、介護の負担も軽くなるでしょう。
 
 また、排泄や入浴などの介護のときにも『乗り移り』がしやすいように、
手すりをつけたり、滑り止めマットを置くなど、まわりの環境を整えましょう。

ベッドから車椅子に移動するときの動画です。クリックするとみれますよ。
http://www.youtube.com/watch?v=2kd0Ge2jmWs
posted by ぶんねん at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉機器に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

床ずれ予防と福祉機器

床ずれの予防
 
 床ずれは、長い時間同じ姿勢で寝ていたり、栄養不良
や不潔などのため、からだの一部分への血液の流れが不
十分となり、しだいに皮膚や筋肉がくずれれていく状態
です。
 
 最初は、床ずれができやすいところがポツンと赤くな
るだけです。指で押しても白くならないで赤みがとれな
い状態になったら危険信号です。
 この時期に手当をしないと、皮膚がやぶれ、ただれたり
からだが衰弱し他の病気を誘発することもあります。
 
 いったんできると治りにくいばかりでなく非常な苦痛
を伴うことが多いので、床ずれを予防する介護が大切で
す。また、床ずれができたときは早めに医師に相談しま
しょう。

床ずれの予防のために  
1.同じところを長い時間圧迫しないようにして、血行をよくします。
   最も効果的な予防方法は、可能な限り座位(足を床につけ腰かけた姿勢)
   をとるようにすることです。
   
   食事や排泄を座位で行うことからはじめます。
   最初は介護の負担が大きいですが、やがて軽減されることになります。
   
   病状から座位をとることができないときは、2、3時間ごとに寝返り
   (体位変換)を介助します。

2.からだの清潔をこころがけます。    
  ※『清潔の介護と福祉機器』のページをご参照ください。

3.栄養状態に注意しましょう。貧血などがあると床ずれが
  よりできやすくなるので、たんぱく質、ビタミン類が不足しないように注意します。


床ずれの予防と福祉機器
    
 床ずれを予防するために不可欠な座位、車いすへの乗り移りなどは、
 高齢者や介護をする人にとって負担の大きいことです。
 また、体位変換は昼夜の別なく必要です。
 
 そのため、寝ているときにはそのままにしておくことが、安楽だからと考えてしまい、
 同じ姿勢をしている時間がどうしても長くなりがちです。
 
 こうした動作を支援するベッドや体重圧(体圧)を分散するエアーマット、
 姿勢を保持したり、変換する体位変換器などを適切に使用することが大切です。

ベッドの使い方・選び方
   高さの調節と背上げができるベッドは、起き上がりや座位、
   車いすへの乗り移りがしやすく、介護をするときの姿勢もらくです。
 
  ベッドを選ぶには、「寝やすい」だけでなく、ベッドから「離れやすい」、
 「介護者も使いやすい」という視点が必要です。

   
1.高さの調節と背上げができるベッドを選びます。一日のほとんどを
  ベッド上で過ごす人には、さらに脚上げのできるものがよいでしょう。
 
2.これらの操作を電動で行うものと手動のものがあります。本人が使用でき、
  介護の負担を軽減するためには電動のものがよいでしょう。
 
3.マットレスは、やわらかすぎると座ったときに不安定になりやすいので、
  うすくて堅めのものがよいでしょう。
 
4.ベッドの高さは、介護等の目的に応じて調節します。

  ●立ちやすい高さ  … ベッドに座って床に足がピッタリつく高さ
 
●介護しやすい高さ … 介護者の膝がベッドの側板にあたる高さ


マットレス

エアーマットの選び方・使い方    
エアーマットは空気の浮力で体圧を分散し、同じ部位に圧迫がかかるのを防ぎます。
マットの表面から空気を吹き出し、乾燥させるものもあります。

【下記の商品は楽天でも売れ筋の商品です】


1.空気の筒(セル)が破損することがあります。セルの取り外しを
できるものが修理が容易です。

2.マットは厚いものと薄いものがあります。自分で寝返りができる人には、
動きを妨げない薄いものがよいでしょう。

3.エアーポンプは音が静かで、圧力が強いものを選びましょう。

4.体重によってポンプの圧力を変えます。重い人ほど圧力を高くします。

5.チリやほこり、汗で空気の噴出孔が目づまりをしていることがあります。
  噴出のようすにいつも注意をはらいましょう。


c5.jpg c4.jpg c6.jpg

円座、かかとクッションの使い方    臀部(でんぶ)やひじ・膝・かかとなどは床ずれができやすく、
    円座やかかとクッションなどを使い、直接圧迫しないようにします。

円座  クッション  かかとクッション
  1.円座は臀部の下に敷きます。

  2.かかとクッションは、かかとを保護し、保温の効果もあります。

  3.羊の毛を使ったムートンは、保湿性・通気性がよく、弾力性がありますので、
床ずれ予防の品物の材質として適しています。
posted by ぶんねん at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉機器に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

清潔の介護と福祉機器

清潔の介護と福祉機器

入浴や清拭などは、高齢者にとって心身の負担をともない疲れるものでもあり、
手際よく安全に行う必要があります。
 また、足元が滑りやすく蒸し暑い浴室での介助は、介護をする人にとっても
負担が大きいものです。
 シャワーチェアやバスボードなどの福祉機器を使い安全、快適に清潔の介護をできる環境を
整えることが重要です。

シャワーチェアの選び方・使い方
シャワーチェア
  1.安定性がよいもの。
2.腰掛け部分に滑り止めの加工がしてあり、背もたれのあるものが安全です。
3.シャワーチェアに腰掛けたとき、手すりなどにつかまり、安定した姿勢を
  とれるようにします。

シャワーチェア.gif
バスボード、バスチェアなどの選び方・使い方
バスチェア
   バスチェア(浴槽台)は、浴槽の中に置く腰掛けです。立ち上がりをしやすく
します。浴室の床に置いて踏み台としても使えます。
バスチェア.gif
バスボード.gif
バスボードは、浴槽の縁が狭く腰掛けにくいときに使います。
しっかりと固定でき、取り外しも簡単にできるもので手すりが付
いたものが望ましい。

 このほか、浴槽への出入りを容易かつ安全に行うための入浴用リフトがあります。
浴室や浴槽によっては取り付けられない場合がありますから、福祉機器の事業者と
十分相談しましょう。
入浴用リフト.jpg





posted by ぶんねん at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉機器に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

清潔の介護と福祉機器

清潔の介護と福祉機器

清潔の介護
   
高齢になると、心身機能の低下やからだの障害などから、

からだを清潔にする動作がしにくくなったり、清潔

についての関心がうすくなってきます。


 一方、清潔のための介護は排泄に次いで負担が大きく

清潔の維持が困難になりがちです。


 からだを清潔にすることは、気分が爽快になるだけで

なく、皮膚の働きを助け新陳代謝を活発にし、床ずれを

予防し、便通を整える効果もあります。


 また、清潔の介護は、からだを拭いたり、髪をとかしたり

爪の手入れなどを通じ、からだの状態を観察することにもなりますし、

コミュニケーションのよい機会となります。
 
入浴や清拭(せいしき)、手浴・足浴、洗髪などを組み合わせて

計画的に、継続して介護を行います。

 また、デイサービスセンターの入浴サービスや家庭への訪問入浴サービス

など市町村が提供している保健福祉サービスを上手に利用しましょう。

入浴の介護
  入浴はたくさんの効果がありますが、疲れるものですし、
転倒事故も起こしやすく十分な配慮が必要です。

1.元気がなかったり普段と変わったことがないか体調をチェックします。

2.食事の前後1時間は避けます。

3.家族であらかじめ、だれが浴室での介護、着替え、ベッドの
  シーツ交換などをするか役割を決めて、手際よく行いましょう。

4.冬は、浴室に湯気を立て、床に湯を流して暖めておきます。

5.入浴後はお茶などの水分をとりましょう。

シャワー浴   入浴すると疲労が大きい人や感染に留意が必要な人、
また入浴するのが困難なときなどには、シャワー浴を行います。

肩や腰にタオルをかけ、足を大きな風呂桶に入れ、シャワーを
かけると入浴の気分があじわえます。

1.部屋を暖かくします。日中の暖かいときにするのがよいでしょう。

2.お湯(50℃程度)、洗面器、さし湯用のやかん、清拭中に
  からだをおおうバスタオル、タオル、おしぼり、着替えなどを準備します。

3.きつくしぼった熱めのおしぼりをたくさん作ります。

4.手足の先からからだの中心に向けて、マッサージをしながら拭きます。

5.からだの露出するところは、最小限におさえます。
  また、自分でできるところは拭いてもらうようにします。

6.拭く順番は、 顔→手→胸→腹→下肢(足)→背中→陰部 です。

清拭(せいしき)
   入浴ができないときは、からだを拭(ふ)いて皮膚の汚れをとります。
   清拭をしながら無理なく手足を動かして、関節が硬くならないようにします。
   清拭剤を使うと石けんのように拭き取る必要がなく便利です。
                 


1.部屋を暖かくします。日中の暖かいときにするのがよいでしょう。

2.お湯(50℃程度)、洗面器、さし湯用のやかん、清拭中に
  からだをおおうバスタオル、タオル、おしぼり、着替えなどを準備します。

3.きつくしぼった熱めのおしぼりをたくさん作ります。

4.手足の先からからだの中心に向けて、マッサージをしながら拭きます。

5.からだの露出するところは、最小限におさえます。
  また、自分でできるところは拭いてもらうようにします。

6.拭く順番は、 顔→手→胸→腹→下肢(足)→背中→陰部 です。

足浴・手浴   手や足を洗うだけでもからだ全体が温まり、よく眠れるように
   なるなど入浴と同じ気持ちよさがあじわえます。

1.ぬるめのお湯を使い、石けんを使ったり、洗面器に清拭剤を入れて洗います。

2.寝たままで足浴をするときは、大きな洗面器に膝を立てて足を入れます。
  軍手をして洗ってあげると気持ちがよく、汚れもとれやすいでしょう。

3.寝たままで手浴するときは、横向きになり上になった手を片方ずつ洗います。

4.最後に乾いたバスタオルで水分を拭きとります。

5.爪がやわらかくなりますので、爪きりをするとよいでしょう。

陰部の洗浄
1.ビニールを敷き、おむつや差し込み便器をお尻の下に敷きます。
炊事用洗剤の空き容器などに入れたぬるま湯をかけながら、タオルで洗い流します。

2.女性は陰部から肛門へかけて洗います。

浴室の安全のために
   浴室は滑りやすく段差があり、転倒事故が多いところです。
   浴室、浴槽を出入りするときの手すりや滑り止めマットの
   設置等で安全性が高くなります。

入浴画像.gif








posted by ぶんねん at 20:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉機器に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

排泄の介護と福祉機器2

排泄の介護と福祉機器2

失禁パンツ、尿とりパッドの選び方・使い方
 少量の尿もれのときは、失禁パンツや尿とりパッドを使用します。
 
 なお、近年、若い人の中にも尿もれ(失禁)の悩みを抱えている人が多くいます。

 せき等による尿もれは、肛門の筋肉を締めるなどのトレーニングで防ぐこともできます。

 また、恥ずかしがらず専門機関に相談されることをお勧めします。

【失禁パンツ】

・ 尿吸収量の表示のあるものを選びます。長時間着用す
  るときは尿とりパッドをあわせて使い、そのつどパッ
  ドを交換する方が望ましいでしょう。

・ 尿吸収部分の股ぐりを防水布のテープでくるんである
  ものがよいでしょう。

・ 男性用は前合わせが十分なもの。女性用は、太股回り
  がピッタリのサイズのもを選びましょう。


高分子吸収ポリマーを使用したパッドは、外もれや逆戻
 りがほとんどなくすばやい吸収性があります。

おむつの選び方・使い方

1.布おむつにするか、紙おむつにするのかを決めます。
  布おむつは、むれが少なく、肌ざわりがよく経済的で
  すが、洗濯が必要です。一方、紙おむつは、介護の手
  間が少なくてすみますが、費用が必要です。

2.紙おむつの尿の吸収量は、メーカーのさまざまな考え
  方等によって表示しています。実際に使ってみて、そ
  れぞれの吸収量の特色を理解した上で使用しましょう。
  また、昼間用、夜間用、長時間用などがあり、用途に
  あわせて使い分けることができます。

3.紙おむつにはおむつカバーをして使うものと、パンツ
  タイプのものがあります。パンツタイプの股のカット
  はメーカーによって異なりますので、その人にぴった
  りのものを探す努力をしましょう。

4.おむつカバーは通気性がよく、大きさを調節できるマ
  ジックテープ式のものが使いやすいでしょう。
posted by ぶんねん at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉機器に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

排泄の介護と福祉機器1

排泄の介護と福祉機器1

一日に何回も行う排泄は、だれもが人の手をわずらわせたく
ないと願う非常にプライベートなものです。

ときには、排泄を少なくしたいと飲み物や食べ物を減らし、
その結果代謝機能が衰え身体状況を悪化させることもあります。
 
一方、介護のなかで負担が大きいのが排泄の介護です。その
ため、起き上がりやトイレへの移動が困難になると、すぐにお
むつを使うことになります。

 しかしながら、おむつをつけたショックから生活の全てにハ
リをなくしたり、床ずれを誘発したり、尿意・便意がなくなっ
たりすることがあります。

 排泄の自立は、いきいきとしたその人らしい生活をするため
にも介護の負担を軽減する上からも大切です。

 日中はトイレを使い、夜間はポータブルトイレを、また、日
中はポータブルトイレ、夜間はおむつを使うなど福祉機器を活
用しながら、気長に段階的に排泄の自立をめざした介護をしま
しょう。

自立への住環境づくり

●トイレの工夫

●廊下の工夫

●居室の配置の工夫

3つの項目について考えてみてください。

人から教わるのも、ひとつの手段かも知れませんが、
トイレの工夫に関しても、答えはひとつとは限りません。

いろいろ考える中から、こうしたらよい、こんなこともどうかな?
いろんな楽しい考えが浮かんでくるとおもいます。

ヒント、トイレに関して、5つの枝を伸ばしてください。
イメージはトイレが幹、5つの枝は幹から延びているものです。

トイレからのイメージ発想を5つ浮かべてください。
1トイレ-----臭い----臭いからの発想:芳香剤-----芳香剤:良いにおい 

2トイレ-----

このようにひとつの枝からまた枝を考える事でトイレからイメージされる

言葉があふれるようにでてきます。

出た、言葉を考えるうちに、ピンとひらめくものがあるのです。

頭が熱くなるまで、考えてください。

次回はトイレについて説明します。
posted by ぶんねん at 14:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 福祉機器に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月14日

寝たきりにならないためには

寝たきりにどうしてなるのでしょう?

私のおじいさんも、タバコを吸っていたら縁の外に落とし

それを拾いに行った帰り玄関の段差につまずき転倒!!

救急車で病院に運ばれ大腿骨骨折の手術

それからは年も年なのでリハビリもできずベットに寝たきり

あれだけ元気で毎日を楽しく過ごしていたおじいさん

ちょっとしたきっかけで寝たきりになるのです。

でも、寝たきりは本人にもよいところはひとつもありません

ベットから出ることを

本気で考えてみませんか?

寝たきり老人ゼロ作戦と福祉機器

   わたしたちは、「年をとれば寝たきりになる」、

          「脳卒中にかかれば寝たきりは避けられない」

          と考えがちです。
 
寝たきりは、本人の生活の質を著しく損なうばかりでなく、

介護をする家族にとっても大きな負担となるほど、社会的にも

大きな問題となっています。
 
欧米諸国には、寝たきりの老人はほとんどいないといわれています。

寝たきりのかなりの部分は、適度な訓練と介護によって防ぐこと

ができるのです。
 
寝たきりゼロへの10ヶ条
   
1.脳卒中と骨折予防、寝たきりゼロへの第一歩
 
2.寝たきりは寝かせきりから作られる       (過度の安静逆効果)
 
3.リハビリは早期開始が効果的    (始めようベッドの上から訓練を)
 
4.くらしの中でのリハビリは食事と排泄、着替えから
 
5.朝起きてまずは着替えて身だしなみ (寝・食分けて生活にメリとハリ)
 
6.「手は出しすぎず目は離さず」が介護の基本 (自立の気持ちを大切に)
 
7.ベッドから移ろう移そう車いす      (行動を広げる機器の活用)
 
8.手すりつけ段差をなくし住みやすく(アイデアを生かした住まいの改善)
 
9.家庭でも社会でもよろこび見つけ    (みんなで防ごう閉じこもり)

10.進んで利用、機能訓練デイサービス(寝たきりなくす人の和、地域の輪)

この10か条をよく読んでできるところから取り組んでいけばどうでしょう?

posted by ぶんねん at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉機器に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

福祉機器は介護の身方と自立の一歩

福祉機器には大きく分けて7種類のカテゴリに分けられると
 思います。
良く使用する物から説明しています。

福祉機器は機器だけではなく前回説明しましたように、メガネとか
オムツも福祉機器の一部です。
では、福祉機器について説明します。

福祉機器のいろいろ(例)
  
      使用目的 主 な 福 祉 機 器

1.排泄の自立と介護
 トイレ用手すり、腰掛け便座、補高便座、親子便座、温水洗浄便座、 採尿器、ポータブルトイレ、差し込み便器、失禁パンツ、      尿とりパッド、紙おむつ・布おむつ など

2.入浴の自立と介護  浴室用手すり、浴槽用簡易手すり、シャワーチェア、バスボード、 洗髪パット、バスチェア(浴槽台)、滑り止めマット、清拭剤、
 ドライシャンプー など

3.床ずれの予防
  電動式介護ベッド、手動式介護ベッド、ベッドサイドレール、
 ベッド用テーブル、介助バー、エアマット、円座、
 かかとクッション、ムートン、体位変換用具 など

4.移動の自立と介護
  杖、歩行車(シルバーカー)、歩行器、車椅子、介助型車椅子、
 電動車椅子、車椅子用昇降機、車椅子用床ずれ防止マット、
 移動用リフト、天井走行リフト、階段昇降機 など

5.食事の自立と介護
 ホルダー付きスプーン・フォーク、握りやすいスプーン・フォーク、
 曲がりスプーン、形状記憶スプーン・フォーク、すくいやすい食器、
 コップホルダー など

6.便利な生活用具
 軽い調理用ナイフ、滑り止めマット、ワンハンド調理台、
 電磁調理器、ムービングキッチン、ドラム式洗濯機、レバー水栓、
 自動水栓 など

7.コミュニケーション
  シルバーホン、緊急通報用電話、意思伝達装置 など

福祉機器を選ぶポイント
 
  障害のある人のからだの状況にあったものを選びます。

1.いろいろな商品を比べましょう。

 同じ商品でも形、使い方の方法など異なる場合があります。
 同じ使い方特にオムツなど適した物をえらびましょう。

2.安全で、使いやすいものを選びましょう。
 特に浴室で使用する物は滑りやすく注意が必要です。

3.住宅環境や家族の介護の力にあったものを選びます。
 過度な物は良い様で本当は使いにくい物が有ります。
 高い金額だから良いとは限りません。

4. 耐久性のあるものを選びましょう。
 安い物は耐久性に欠ける物が沢山あります。
 1.で説明したように商品を良く理解することが大事。
 
故障したときのアフターサービスを確認します。

福祉機器には操作が簡単なものもありますが、使い方の
  練習が必要なものもあります。使用方法を確認します。

できれば購入する前に、レンタルで実際に使ってみましょう。

専門家に相談しましょう。

金額の高額な物は購入する前にそれを使っている所で
実際に使用し、使っている人に使い勝手を確認するとか
良く検討することをおすすめします。

次回は寝たきりに成らないようにするためのお話をします。




posted by ぶんねん at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉機器に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

福祉機器とは?どんなもの?

福祉機器と聞くと介護用品でも大きな物を想像しませんか?

私も、最初聞いたときはお風呂につける時のクレーンのような

つり下げる大きな物を想像しました。

でも、違うのですね、【メガネ】も福祉機器の一つなのですよ。

福祉機器の定義

障害のある人が日常生活のさまざまなことがらを、可能な限り
自分でできるようサポート(支援)する生活用具のことです。


福祉機器を利用することにより障害のある人の自立した生活の

範囲が広がり、介護にあたる家族の負担を軽減することにも

つながっていきます。
 
眼鏡をかけるように、さまざまな福祉機器を上手に利用して、

より豊かな質の高い生活を実現していきたいものです。

次回は福祉機器はどのような物があるのか?

購入するためにはどこに相談すればいいの?

補助金など、安く購入することは出来ない?

皆さんの聞きたいな?そんな事に答えて行きたいとおもいます。

では、次回ご期待ください。
posted by ぶんねん at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 福祉機器に関する情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。